2007年10月20日 (土)

言葉にこだわって憲法を読む

今日は午後から映画『日本の青空』を
労働学校の仲間と見にいきます。
そこで、久しぶりに憲法のことを書きたいと思います。

最近、憲法学習の講師をしながら、
あらためて感じているのは、
「言葉にこだわって憲法を読む」ことの大切さです。

大江健三郎さんが、憲法9条のなかの、「希求」という
言葉に当時の人びとの思いを汲み取ったように。


最近、日本国憲法の前文のことを話をするときに、
必ず言うことがあります。
それは、
前文の中に、二度、「決意」という言葉が
出てくる
ところがあり、私はそこにこだわりたい、と。

では、どこに出てくるのか、実際にみてみましょう。


日本国民は、正当に選挙された国会における代
表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のた
めに、諸国民との協和による成果と、わが国全土
にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の
行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのない
やうにすることを決意し
、ここに主権が国民に存す
ることを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国
政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、そ
の権威は国民に由来し、その権力は国民の代表
者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受
する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は
かかる原理に基くものである。われらは、これに反
する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の
関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであ
つて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し
て、われらの安全と生存を保持しようと決意した

われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭
を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社
会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。わ
れらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から
免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを
確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専
念して他国を無視してはならないのであつて、政治
道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従
ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に
立たうとする各国の責務であると信ずる。
 
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげて
この崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」



1回目に登場する「決意」。
それは説明するまでもなく、二度と政府の行為として
の戦争を起こさない、起こさせない、という決意です。
侵略戦争の明確な反省です。

2回目の「決意」は、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、私た
ちの安全と生存を守ろうという、決意です。

この決意は、かなりの勇気と理性が必要です。

「諸国家」を信頼するのではなく、「諸国民」
と書いているところも、大事なところです。
北朝鮮の国家権力は、たしかに何をやらかすか
わからない不安があります。
でも、北朝鮮で日々働き、生活し、幸せを求めて
いるふつうの国民が、日本と戦争することを、
はたして望んでいるでしょうか。もちろん答えはノーです。


平和を愛する諸国民を信頼し、手をつなぐことで、
私たちの平和を守る。なんてステキな決意でしょうか。


自民党の新憲法草案では、前文のこうした「決意」は
バッサリと切り捨てられています。
それは、当時の人びとの憲法にこめた思いをさえも、
切り捨てることなのです。

経済同友会の終身幹事の品川正治さんは、
『経済』11月号の渡辺治さんとの対談で、
憲法との出会いの経験を語っています。

私が日本国憲法に初めて対面したのは、復員船の
なのです。日本国憲法草案が発布された(1946年
4月17日)と言う記事の載った古い新聞が、船内で
配られました。民家からかき集めてきた古新聞で、
『山陰新聞』もあれば『毎日』も『朝日』もあるという、
バラバラだったのですが、とにかく日本国憲法の草案
が載っている新聞が各部隊に配られたのです。それ
憲法の前文も、九条も、そのとき初めて対面したの
ですが、それを読んだ時、全員泣きましたよ
。二度と
戦争はしないと自分たちで決めてはおったのですけ
れども、よもや成文憲法でそこまで書くとは夢にも思っ
ていなかった
。これだったら死んだ英霊も無駄じゃない、
300万に及ぶわれわれの戦友の死にも応えられる。
私は中国の戦線しか知りませんけれども、2000万を
こえるいのちを奪い、それだけの
被害を与えたアジア
諸国民に対して謝り続けていく方法は、もう戦争はし
ないという他にないじゃないか
。一瞬のうちに20万も
の命を失ったヒロシマ、ナガサキの原爆の話はわれ
われも聞いていましたから、そんな戦争をもうできるは
ずがないじゃないかと考えていました。その
私たちの
気持ちを、はっきりと成文憲法の形で出している
ことを
知ったわれわれは、驚きと同時に、それこそ感激の涙
を流したわけですね。
 
ところが日本の戦後の支配政党は、二度と戦争をし
ないという決意はいっぺんもしたことがない
。すぐに押
しつけ憲法という言葉が出てきた。・・・しかし国民にと
っては押しつけられたというより、心から歓迎した憲法
だと私は理解しています
」(P30~31)


当時の人びとの「決意」の重さを、私はこれからも学び、
語っていきたいと思います。



蛇足。

憲法の
第36条。
公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁止する」

日本国憲法で「絶対に」という言葉が出てくるのは、
なんとこの条文だけ。普通は、
「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、これを禁止する」
と書くはずなんです。

ここにも、「言葉」にこだわることで、
見えてくることがある、と思います。


おしまい。


| | コメント (2)

2007年3月16日 (金)

おもしろ憲法講座(4)

今回の話は、「おもしろ」くはありませんが、私の考えていることを
率直にご紹介します。

『あたらしい憲法のはなし』という小さいパンフレットがあります。

Dscn1662_1 
 戦後、文部省が作成し、
 
全国の中学生が学んだ教材です。
 (すぐなくなりましたが)

 現在、日本平和委員会などが
 
復刻版を出版しています。


これが、長らく民主勢力のなかで、学習教材として、
また憲法を考えるうえで、「なかなか良い内容」として、
活用されてきました。

私も4年ほど前までは、学習会などで紹介していました。
わかりやすく憲法を学ぶ点では、使える部分がたくさんあるし、
たしかにこれをつくった人の思いが伝わってくる内容ですので。

しかし、いつ頃からか、この『あたらしい憲法のはなし』の中身に
重大かつ決定的な弱点があることを、認識するようになりました。

それは大きく3点あります。

 ①天皇の戦争責任をまったく問題にしていないこと
 ②日本の侵略戦争についての叙述がまったくと言っていいほどないこと
 ③当時、日本から切り離された沖縄などへの言及がまったくないこと

じつは、これは戦後日本の弱点を集中的にあらわしている問題として、
解決していない問題である、と思うのです。


では、具体的に見ていきたいと思います。

まず、
天皇の戦争責任について、です。

『あたらしい憲法のはなし』の5章が「天皇陛下」となっていて、
冒頭、こう書かれています。

こんどの戦争で、天皇陛下は、たいへんごくろうをなさいました
なぜならば、古い憲法では、天皇をお助けして国の仕事をした
人々は、国民ぜんたいがえらんだものでなかったので、国民の
考えとはなれて、とうとう戦争になったからです」

これでは、あの戦争で、昭和天皇にはまったく責任がなく、
「まわりの人間が暴走して戦争したので、昭和天皇は苦労が
多かった」という理解を与えてしまいます。

歴史的事実は、これとは違います(説明ははぶきますが)。

天皇の戦争責任を不問にした(これはGHQの政治的力が働いたのですが)
ことが、日本の侵略戦争全体の責任の所在をあいまいにした
大きな原因の一つであることは間違いありません。

そして、これは、現在でも引き継がれている問題です。
「昭和天皇は平和主義者だった」と言う人が、まだまだ多いわけです。

昭和天皇の「聖断」のおかげで、どれだけ多くの人の命が
犠牲になったことか。

映画『硫黄島の手紙』が話題になっていますが、
1945年早々の御前会議で、「降伏」という決断を昭和天皇が
していれば、あのような「玉砕」の悲劇もおきなかったし、
本土空襲、沖縄戦、原爆投下もなかったわけです。

その侵略戦争全体の最高責任者である昭和天皇にたして、
「ごくろうをなさいました」はないだろう、と思います。


続いて、
日本の侵略戦争の叙述についてです。

パンフでは、6章「戦争の放棄」の部分です。
ここは、よく朗読などもされ、有名なところですが、
ここにも重大な欠落があります。

その最初の部分を書き出しておきます。

「みなさんの中には、こんどの戦争に、おとうさんやにいさんを
送りだされた人も多いでしょう。ごぶじにおかえりになったでしょ
うか。それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。また、
くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いま
やっと戦争はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい
思いをしたくないと思いませんか。こんな戦争をして、日本の国
はどんな利益があったでしょうか。何もありません。ただ、おそ
ろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。
戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすこ
とです。だから、
こんどの戦争をしかけた国には、大きな責任が
あるといわなければなりません
。このまえの世界戦争のあとでも、
もう戦争は二度とやるまいと、多くの国々ではいろいろ考えまし
たが、またこんな大戦争をおこしてしまったのは、まことに残念
なことではありませんか」


たしかに、言っていることに、間違いはありません。
しかし、ここには、明確に侵略戦争への謝罪の気持ちがなく、
「戦争一般の否定」というところにとどまっています。
日本の数倍、数十倍の被害にあったアジアの人々への
言及もありません。

「こんどの戦争をしかけた国には、大きな責任があると…」
と言っていますが、なぜはっきりと、「日本に」と書いていないのか。
このあたりに、非常に疑問を感じます。

本文では、そのあとに、戦力放棄の説明があり、
「みなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しい
ことを、ほかの国よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐら
い強いものはありません」 とあります。

この説明も、不十分だと思うのです。
「正しいことを、ほかの国よりさきに行った」のはそうかもしれませんが、
その前に、侵略戦争という重大な誤りを犯しているのです。

この叙述だけ読むなら、日本は正義の味方、英雄ですが、
事実はまったく逆で、「戦争放棄の憲法をつくる」という選択を
しないと、まわりの国が許さないし、国際復帰もできなかった、
それだけの誤りをおかした、その結果としての「戦争放棄」なのです。

現在、日本軍「慰安婦」問題をはじめ、歴史認識の問題で、
いまだに政治家たちが妄言をはいているわけです。
そして、それを許しているのが、日本国民なのです。
日本の戦争についての教育が決定的に不足しています。

このパンフをいくら学んでも、解決への力は育たないのではないでしょうか。


最後に、
沖縄などの問題です。

戦後すぐ、北緯30度線から南の奄美諸島、沖縄諸島は、
日本から切り離され、日本国憲法の適用除外とされました。

このパンフでは、その問題についての叙述はありません。

憲法制定と沖縄の犠牲の問題については、
次回のこの「講座」で書こうと思うのですが、
結論だけ言えば、この平和憲法は、沖縄の犠牲があったからこそ、
その有効性を発揮しえたのだ、ということです。

このパンフを読んでの「感動」がよく語られるわけですが、
当時も今も、
この憲法から除外された「沖縄の犠牲」を
想像できない日本人の弱さ
が、ここにもあらわれています。



以上、3点にわたって、『あたらしい憲法のはなし』の問題点について、
私なりに考えていることをご紹介しました。


べつに私は、このパンフの普及を妨害するためにこれを
書いたのではありません(笑)。
ただ、そこに「語られていない問題」があることを
しっかり示したうえで、活用することが必要ではないか、と思うのです。

なぜなら、この3点は、「いまだに解決していない問題」だからです。
解決しているならば、なにもこんなモンクは書きません。

 *戦争責任の問題
 *侵略戦争の教育の問題
 *憲法より安保が優先される沖縄の問題

見事に引き継がれているのです。

そのことを強調して、長くなりましたが、このへんで終わりにします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月 9日 (金)

おもしろ憲法講座(3)

今日は、憲法の「読み方の順番」について考えます。
憲法を「全文読み」するのは、かなり労力がいります。

そこで、読むコツを学習会などで紹介することがあります。
勝手に「長久読み」と名づけていますが・・・。

どんな読み方かと言うと、「1章と10章を入れ替える」ということです。
日本国憲法の構造は、つくるときに「明治憲法と同じ構成で」、
という制約があったものですから、国民主権の憲法でありながら、
第1章に「天皇」の条項がきています。

それを最後にまわし、かわりに10章の「最高法規」をもってきます。
この
第10章は憲法が自分のことを「自己紹介」しているところです。

「わたしく憲法は、こういうものであります」と、
3つの自己紹介をしています。

97条
「わたくしには、人類が長い時間をかけて勝ちとってきた基本的人権
というものが書かれています。これは過去のいろいろな苦難の歴史を
のりこえて獲得されたもので、今と未来の世代の人びとに、信じて手
渡されたされたものであります」

98条
「わたくしは、日本国の最高のルールなのであります。だから、私に
書かれていることに反する法律や行為は、無効なのであります。
 また、国際的に決められたルールで、日本がそのルールを締結した
場合は、これを国内に誠実に取り入れ、守っていくものであります」

99条
「わたくしが命令したことをしっかり守り、それにもとづいて仕事を
しなければならないのは、天皇、摂政、国務大臣、国会議員、裁
判官やその他の公務員であります」


と、いう感じの自己紹介なんです(長久解釈)。

でもって、現行憲法では、自己紹介が一番最後に書かれている
からわかりづらいのです。これを一番最初にもってくる。
こうすれば、憲法とはどんなものかがまずすっきりわかり、
格段にその後の条文が読みやすくなると思うのですが、いかがでしょうか。


実際に、その構成だと、こんな感じになります。



日本国憲法


 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて
行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による
成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政
府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにする
ことを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法
を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであ
つて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこ
れを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍
の原理であり、この憲法はかかる原理に基くものである。われらは、
これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する
崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公
正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠
に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占め
たいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免
かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無
視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なもので
あり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関
係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と
目的を達成することを誓ふ。



第十章 最高法規


第九十七条
 
この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわ
たる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多
の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永
久の権利として信託されたものである。 


第九十八条

この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命
令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その
効力を有しない。

 
②日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実
に遵守することを必要とする。 


第九十九条
 
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員
は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。



第二章 戦争の放棄


第九条
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際
紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 
②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを
保持しない。国の交戦権は、これを認めない。



第三章 国民の権利及び義務

第十条
 
日本国民たる要件は、法律でこれを定める。

第十一条

 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が
国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利とし
て、現在及び将来の国民に与へられる。


第十二条

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力
によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用し
てはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する
責任を負ふ。


第十三条

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求
に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法
その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第十四条

 
すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会
的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、
差別されない。

②華族その他の貴族の制度は、これを認めない。 
 ③栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典
の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受けるものの一代に限り、
その効力を有する。



(以下省略)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

おもしろ憲法講座(2)

憲法9条をうたった歌はけっこうな数ありますが、
以下ご紹介する2つの歌は歌詞がとっても気に入ってます。



『9をまく』(9LOVE編、大月書店、2005年)より

エクアドルの先住民キチュア族の若者が、日本の憲法9条を
知って、歌をつくり、CDが完成した。

リーダーのルイス・タビさんは、歌をつくった動機について、こう語っている。

 「僕は、日本の憲法9条がとても好きです。なぜって、僕の思いや考え
 と似ているから。この憲法に書かれていることが、僕の国(エクアドル)
 や自分が生きているこの世界でできたらいいなあって思います」



世界に平和を

とても遠い東の地で
僕はたくさんの人に出会った
この地球に生きるすべての
生命あるものを慈しみ
惜しみなく愛情を注ぐ人たち
彼らは戦争放棄の道を選ぶ
平和を求め 訴え続ける

あらゆる問題を力ではなく
戦わぬ心と深い愛で乗り越える
この星は、そしてこの母なる大地は
もうずっと悲鳴をあげている
皆と繋がり、歩き出そう
この地球の平和を見つけるために





続いては「あいとポッポパーティー」 
http://blog.goo.ne.jp/meetang_simantoe
というブログで知った歌
(ごろんびーの音楽研究室というサイトより転送)


「ジョーについて ~スーパーケンポウ・9・ジョー~」


作詞・作曲 ごろんぴー


1.
スーパーケンポウ・9・ジョー
ジョーの拳法世界一

パンチもしなくても
キックしなくても
ジョーは強いぞ 
戦わなくても勝てる

試合が始まるその瞬間
気合
「9・ジョー・9・ジョー」
ジョーが叫ぶ時

行くぞ
「9・ジョー・9・ジョー」
ジョーが見つめる時

相手は自分の弱さ気づく 

2.
スーパーケンポウ・9・ジョー
ジョーの剣法世界一

剣や刀を振らなくても
ジョーは強いぞ
戦わなくても勝てる

試合が始まるその瞬間
気合
「9・ジョー・9・ジョー」
ジョーが叫ぶ時

行くぞ
「9・ジョー・9・ジョー」
ジョーが構える時

相手は自分の負けを悟る

3.
スーパーケンポウ・9・ジョー
ジョーの武道は世界一

戦わずして勝つことできるんだ

ジョーは真(まこと)の武道家
けんかの弱い俺たち守る強い味方

どこかで殴り合いが始まる気配
誰か「9・ジョー」叫ぶと
ジョー現れ
話し合いだけで解決

世界のみんながジョーを呼んでいる
これからもジョーの力 必要だ
世界に羽ばたけ ジョー


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 3日 (土)

おもしろ憲法講座(1)

日本国憲法にまつわる「へー」という“ブログ連載講座”を
これから、ちょこちょこと書いていきたいと思います。


『世界の憲法集〔第三版〕』(有信堂、2005年)という本があります。


世界の主要国、18カ国の憲法が収録されているのですが、
読むと結構おもしろい。


以前、他国の人権規定を日本国憲法の人権規定と見比べて読んでみたことが
あるのですが、その中で「おもしろいなぁ」と思う条項に出会ったり。

例えば、

イタリア憲法の第36条「労働に対し平等な報酬を受ける権利および休息権」。

1.労働者は自己の労働の量および質に応じ、およびいかなる場合にも、
  自己およびその家族に対し、
自由にして品位ある生存を保障するに
  足る報酬を受ける権利
を有する。
2.労働日の最高限は、法律によって定められる
3.労働者は、各週の
休息および有給年次休暇をとる権利を有し、これを
  放棄することはできない



いいでしょー。
「自由にして品位ある生存」とか、「有給休暇は放棄できない」とか。
まったくイタリアらしい。

あと、ヨーロッパの憲法では、
「死刑の禁止」というのが入っている
ところが結構多いですね。


そして、よーく他国の人権規定と比べて読んでみると、60年前に
つくられたにもかかわらず、日本国憲法の人権規定が、世界水準の先進性と、
どんな問題にも対応できる柔軟性をもった内容だということがわかります。


また、日本国憲法は、9条2項をもっているがために、
軍事や軍隊に関する規定がいっさい出てこないのですが、
この本に
収録されている18か国の憲法を見ると、
必ず「軍事」や「軍隊」に関する条文がある
のです。

以前、講義の準備で調べたものがあるので、ご紹介します。

【アメリカ合衆国憲法】
 
*第1条第8節11「宣戦布告」12「陸軍の設立」
  13「海軍の設立」15「民兵の召集」
 
*第2条第2節1「大統領の軍司令権」

【イタリア共和国憲法】
 
*第52条「兵役の義務および軍隊の組織」

【インド憲法】
 
*51A条4「国を防衛し、要請されたときには軍務に従事すること
【オーストラリア連邦憲法】
 
*51条6「陸海軍による連邦および各州の防衛…武力の統制」
【オーストリア連邦憲法】
 *第1節第4款「連邦軍
【1982年カナダ憲法】
 *第4条2「非常事態における会期の延長」 *第11条(f)「軍法会議

【スウェーデン・統治法典】
 
*第10章9条「国防軍
 
*第13章「戦争および戦争の危機
【スペイン憲法】

 *第8条「軍隊
 
*第30条「国防の権利および義務、良心的兵役拒否」

【大韓民国憲法】
 
*第39条「国防の義務」 *第74条「大統領の国軍統帥権」

【中華人民共和国憲法】
 
*第55条「兵役に服する義務
【デンマーク王国憲法】
 *81条「国家の防衛に貢献する義務

【ドイツ連邦共和国基本法】
 
*12a条「兵役およびその他の役務」 *第10a章「防衛事態

【フィリピン共和国憲法】
 
*第16条第4節「国軍の構成」5節「国軍の管理」

【ブラジル連邦共和国憲法】
 
*第5編第1章「国土防衛事態」2章「国軍」143条「兵役の義務

【フランス共和国憲法】
 
*第15条「軍隊の首長」 *第35条「宣戦

【ベルギー国憲法】
 
*第182条「軍隊の採用方法等」

【ポーランド共和国憲法】
 
*第26条「」 *第85条「祖国防衛義務
 *第134条「軍についての大統領権限」

【ロシア連邦憲法】
 
*第56条「非常事態下の権利と自由の制限」 *第59条「兵役の義務


・・・という具合です。世界の主要国の憲法では、
「もし有事になったら」「軍隊はこう構成します」「防衛の義務」といった

条文がどこかにあるのです。それが「普通」なのです。

日本国憲法は、その意味で「普通」ではありません。

「戦力はもたない」「交戦権は否定」ということですから、
「戦争」ということをまったく想定していない憲法なのです。

しかし、21世紀に入ってますます、
そのことの意味が、光輝いてきているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)