« 「危機」とはなにか | トップページ | ええ!あの番組に? »

2009年1月14日 (水)

自分に線をひかない

きのう(13日)は、あれこれとチラシづくりや
実務をこなしたあと、夕方、とある女性と
久しぶりに会い、喫茶店で1時間ほど話をした。

労働学校にかかわりのあった彼女は、
いま仕事や将来のことで壁にぶつかっていた。
「私って、ダメだなぁ」が口癖のようになっている。

状況を聞きながら、今後の方向について
アドバイスなどしてみる。
「金曜日の江草さんの話はぜひ来て」というお誘いも。

そして、
「まだまだ劇的に変化できる」「絶対自分に線をひかない」
「根拠のない自信でもいいから、『私はできる』と思うこと」
「集団のなかでしか人間は成長できない」
「中・長期的な自分のビジョンをもてたら違ってくる」
「本を読んだり、人と会ったり、映画をみたり。とにかく刺激を受けること」

など、無責任なことをいろいろ言った気がする。
それができていたら苦労してない。

しかし、人間は、死ぬまで成長できる。
自分を変えることができる。
これだけはわかってほしかった。
それは、自分自身(私)の経験的実感でもある。

2月発行の『学習の友』の3月号に、
「人や集団の成長」にかかわる短い文章を書く予定です。
彼女も読んで力になるようなものを、書きたいと思います。





|

« 「危機」とはなにか | トップページ | ええ!あの番組に? »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「危機」とはなにか | トップページ | ええ!あの番組に? »