« 最後の仕事は | トップページ | 無事に今年も仕事納め »

2008年12月29日 (月)

2008年にみた映画

今年みた映画を紹介しますshine

 (
2006年にみた映画はこちら
 (
2007年にみた映画はこちら

当初、毎年目標にしている20本は「無理」と思っていましたが、
全国集会の中止という悲しい出来事のおかげで、
11月にやけくそで(ウソ)5本をみて盛り返し、現在21本。
明日(30日)になんとかもう1本見れないかと目論んでいます。


では、以下5点満点の採点つきで紹介します。
(順番は、みた順です)

                         歓喜の歌 
★★★★
       潜水服は蝶の夢を見る 
★★★
                             母べえ 
★★★★★
                              うた魂 
★★★★
                         フィクサー 
★★★★
                  トゥーヤの結婚 
★★★
        ナルニア国物語第2章 
★★★★
              今夜、列車は走る 
★★★
                                山桜 
★★★★
               歩いても歩いても 
★★★★
                                靖国 
★★★
                  崖の上のポニョ 
★★★
                           ネコナデ 
★★★
    男はつらいよ 寅次郎恋歌 
★★★★
                釣りバカ日誌19 
★★★★
                    闇の子供たち 
★★★★
                    花は散れども 
★★★
                    イーグル・アイ 
★★★★★
                 ハッピーフライト 
★★★★★
                       レッドクリフ 
★★★★
               12人の怒れる男 
★★★★★


ということで、5つ★が4作品でした。


「母べえ」は山田洋次の力作。泣いた。

「イーグル・アイ」は、映画としても面白いけど、
いまの監視社会への警告としても興味深い。

「ハッピーフライト」は邦画では1番良かったです。
飛行機を飛ばす仕事人たちの人間ドラマです。

「12人の怒れる男」は、3時間があっという間。
裁判員制度がはじまるタイミングでもあり、必見。


「歓喜の歌」「うた魂」など、合唱をテーマにした
映画もよかった。「ポニョ」は私にはイマイチでした。
歌は覚えてしまったけど(笑)。

「レッドクリフ」は、ゲームやテレビ人形劇で三国志に
親しんだ私は単純に楽しめました。来年公開の続編に期待note




|

« 最後の仕事は | トップページ | 無事に今年も仕事納め »

芸術文化・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の仕事は | トップページ | 無事に今年も仕事納め »