« 『名作の戦争論』 | トップページ | 物忘れはじまる? »

2008年11月14日 (金)

労働学校講師デビュー

きのう(13日)は、76期岡山労働学校の
第6講義
「人間らしく働くために-27条・28条をたかくかかげて」
でした。参加は16名。

講師は、県医労連の書記次長で、
学習協の事務局次長もしている岩本陽輔さん。
30歳の若手講師として、労働学校初お目見えです。


Dscn4887
 講義全編にわたって
 パワーポイントを使っての
 お話でした。
 よくできたグラフなど、資料も
 豊富で、とてもわかりやすい。
 準備に時間かかったろうなぁ。
 感謝感激。


岩本さんは、自分も入職1年目のときに
誘われて労働学校を受講したこと、
学ぶことはほんとうに素晴らしいということを
力説されてから、講義を始めました。

講義は、27条の人間らしく働く権利、
28条の団結権の話を中心に、
「人間らしさとはどういうことだろうか?」という
疑問も投げかけながら、
現在の政治が働く貧困層を生み、
医療を壊している状況についても説明されました。

水曜日の医労連の統一ストの話、
蟹工船の話など、話題も豊富でした。

そして最後に医療生協の職員時代に
研修のときに出会った人の話、
生活保護を受けている人の家に伺ったときの衝撃の
話から、医労連、労働組合の役割を語りかけ、
最後は岩本さんの“熱”が参加者に
びんびんと伝わる内容でした。

ふだんは“おとなしめ”の岩本さんは、
講義になると“熱い男”に変身します(笑)。
そして、よく勉強しています。すばらしい。



以下、参加者の感想です。


「岩本さんには何度かお会いしたことがありま
すが、意外とというか、熱のこもった講義でした」

「人間らしく働くこと=人間らしく生きること。本当
にその通りだ!!と思いました。自分も労働組合
に属する中で何ができるのか、何をしないといけ
ないのか、しっかり考えて学ばなければいけない
と改めて感じ、反省し、はげましてもらった様に思
いました。みんなが安心して働きつづけ生活でき
る社会を目指していきたいです」

「パワーポイントを使っての講義はとてもわかり
やすかったです。岩本さんの最後の思いを聞いて、
絶対、民医連の看護師として働きたいという思い
がより強くなりました」

「『人間らしくはたらく』、この人間らしさとは、どうい
うことなのか・・・みんなで話しあってみたいですね。
好きな仕事ができている人はどのくらいいるんだ
ろーと考えてしまいます」




|

« 『名作の戦争論』 | トップページ | 物忘れはじまる? »

労働学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『名作の戦争論』 | トップページ | 物忘れはじまる? »