« 活憲教室しめくくり | トップページ | ことばへの信頼 »

2008年11月29日 (土)

『学習の友』12月号

『学習の友』12月号のご案内。

【特集 はじめての団体交渉】
 *団体交渉・労働協約・ストライキのイロハ(盛本達也)
 *団体交渉・ストライキでこんな要求を勝ちとった(各地の経験から)
 *日本の労働組合運動と団体交渉・ストライキ(西村直樹)
 *目で見る学習 誌上模擬団交(広島県労学協+編集部)

【新連載】
 *社会保障入門 第1回「社会保障とは何か」(公文昭夫)
 *伊藤千尋の世界 第1回「踊りのある生活」(伊藤千尋)

【連載】
 *人間関係でお悩みのあなたへ
  ・第2回「あなた自身の力をつける」(吉儀和平)
 *やっぱり労働組合だ
  ・魅力ある組合活動をすすめるためには

【その他の記事】
 *政府・財界の景気政策と労働者の景気政策(中島康浩)
 *あきらめと希望の間で(野村昌弘)
 *民間委託の公正なルールを(大木寿)



今月も盛りだくさんですね。

団体交渉は、大事な基本的人権のひとつ。
憲法に「団体交渉」という言葉が書いてあるのがスゴイ。
これは他の先進国の憲法にはあまりないのではないでしょうか。
(調べてないけど)

伊藤千尋さんの記事も面白いです。
世界を知る旅に、行こう!





|

« 活憲教室しめくくり | トップページ | ことばへの信頼 »

『学習の友』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 活憲教室しめくくり | トップページ | ことばへの信頼 »