« 複雑な気持ちの3連休 | トップページ | 青年部って? »

2008年11月25日 (火)

2度目のオペラ

土曜日(22日)は、人生2度目のオペラ鑑賞でした(1人で)。

川田さんの『名作の戦争論』に刺激を受けて、
何かみようかな、と思って調べたら、
モーツァルトの代表的なオペラ『フィガロの結婚』が
やっているではないですか。
10日前に電話して、チケットがあったので、
さっそく行ってみました。

20081125082617 
 数年前に、
 これもモーツァルトの
 オペラですが、
 『魔笛』を見ました。

 その『魔笛』と双璧を
 なす人気作品が、
 この『フィガロの結婚』です。

 話の内容は、
 たいしたことないのですけど。
 初上演は1786年。 
 フランス革命の3年前です。





20081122144851_2

 開演前。

 久しぶりの生舞台。
 わくわく。






で、観賞の感想はというと、
私はやっぱり『魔笛』のほうがいいかなー、と。
曲も話の中身も。

でも、伯爵のばかっぷりはかなり笑えます。
200年以上前に見ていた人たちも、
こうして上流階級の姿を笑ったのでしょうか。

演奏や歌の良し悪しを評価できるほど
精通していないので、オペラ自体の評価はできないのですが、
やっぱり会場がオペラ用でないので、
音響がイマイチだったように思いました。

しかし、川田さんの本にもフィガロの結婚の
ことが少し書かれていて、それを読んで行って
いたので、興味深く聞くことができた部分がありました。

とくに、最後の、伯爵夫人の「赦(ゆる)しの歌」は
本当にすばらしかった。
そしてフィナーレの歌も。

モーツァルトの旋律は、本能に響きますね。
やっぱり天才です。

20081122184612

 オペラ鑑賞で満足したあとは、
 仕事だった相方と合流して、
 近くの焼き鳥屋へ。

 鳥、おいしかったなー。
 しあわせな1日でした。

 目の前に泡盛があったけど、
 この日はビールと焼酎でした。






|

« 複雑な気持ちの3連休 | トップページ | 青年部って? »

芸術文化・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 複雑な気持ちの3連休 | トップページ | 青年部って? »