« うえこーさんが… | トップページ | 哲学はおもしろい »

2008年10月31日 (金)

命の格差とたたかう

きのう(30日)は、76期岡山労働学校
第4講義でした。参加は12名と低空飛行のままでした(涙)

きのうのテーマは「
命の格差とたたかう-25条を活かす」。
講師は、医療ソーシャルワーカーの米田信敏さんでした。


Dscn4872

 米田さんは、
 岡山社保協の事務局長も
 されています。





講義では、米田さんの職場のリアルな事例を
あげながら、25条どおりではないこの国の
実態、医療制度、社会保障の歴史、税金の使い道まで、
かなり幅広くお話が展開されました。

青年や高齢者の貧困、子どもの貧困、
格差の現実など、なかなかしんどい内容
でしたが、米田さんのときおり冗談を交えた
お話で、とても充実した学習となりました。

「総選挙は、25条を活かす政治を実現する
大きな一歩」としめくくられました。



講義の感想。

「とてもわかりやすい話でした。看護師をめざす
自分にとって受けれる医療をお金があるなしで
制限されるということは、許せないことだと感じ
ました。もっと憲法について勉強しなくちゃいけ
ないなと感じました」

「具体的な事例の紹介が良かったです。アンテ
ナを高く広く持ちたいと思います。数字で説明し
てくれたのもわかりやすく納得できるものでした」

「久しぶりの労働学校でしたが、まさかこんな
楽しいとは思いませんでした。講義の感想は、
リアルな事ばかり、フムフムと聞いていました」




|

« うえこーさんが… | トップページ | 哲学はおもしろい »

労働学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うえこーさんが… | トップページ | 哲学はおもしろい »