« 第7回実行委員会 | トップページ | 憲法はまだまだ… »

2008年10月 8日 (水)

メールニュースNo.4

全国集会のメールニュースNO.4ですcherry



こんにちは。

10月に入り、昼夜の温度差も大きくなり、
体調管理が難しい季節となりました。
みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

さて、「全国学習交流集会in倉敷」(11月22日~24日)が、
いよいよ「来月」となりました。
総選挙日程も非常に流動的ですが、集会の成功のために、
現地実行委員会は全力で奮闘しています。
引き続き、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

このメールニュースは、
いつもお世話になっている団体・組織のみなさまや、
ご縁のあった方々に送らせていただいています。
「配信不要」希望の方は、遠慮なくご連絡ください。

     現地実行委員会事務局  長久啓太(岡山県学習協)


2008年10月7日
――――――――――――――――――――――――――
 出会いにゆこう、でっかい感動。
  
★2008 全国学習交流集会in倉敷 メールニュース No.4

  ~貧困NO! 団結GO!学び、つながり、変えよう明日を~
――――――――――――――――――――――――――


【目次】
 ①集会への期待が広がっています。
 ②岡山県内はこれから・・・
 ③期待の講義紹介

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

―――――――――――――――――――――――――
①集会への期待が広がっています。
―――――――――――――――――――――――――

★長崎から
 *長崎からは、建交労県本部から3名の参加がきまって
  います。青年書記の飯田さん(『学習の友』11月号に登
  場予定)は、「『学習なしに豊かな実践が展開できるはず
  がない!』という真面目な動機と、倉敷という私にとって
  未知の街に行ってみたいというヨコシマな動機が、岡山
  に向かわせています」「倉敷集会を、長崎の労働学校開
  催に向けて盛り上げるきっかけにしたい」「倉敷では、ど
  んな新しい理解や人との出会いがあるのかな~と、遠足
  前の小学生のような気持ちです。…みなさんも『でっかい
  感動』を探しに、倉敷に行きましょう」と語られています!

★鹿児島から
 *鹿児島医療生協労組からは3人の参加が決まっていま
  すが、そのお1人、馬場園さんは、「パワフルな先輩の
  すすめもあり働くものの1人として、これまでの労働運動
  に学び、どうしたら働きがいを見いだせるのか? 全国
  のたくさんの仲間と語り合うなかで元気をいただきたく参
  加を決意しました。よろしくお願いします!」と集会への
  思いを語られています。

★静岡から
 *静岡では、学習協の役員3名と、島田市職労から4名の
  参加が決まっています。島田市職労では、新しく選出され
  た執行委員が勤通大労組コースを受講。あわせて倉敷集
  会への参加を決めたそうです。

★香川県学習協の総会に行ってきました。
 *4日(土)に、香川県学習協の総会があり、瀬戸大橋を渡
  って高松へ行ってきました(長久)。香川県学習協では、倉
  敷集会に25名の参加を目指して取り組みをされていて、
  秋の労働学校の成功とともに、最大の課題として位置づけ、
  奮闘されています!


―――――――――――――――――――――――――
②岡山県内はこれから・・・
―――――――――――――――――――――――――

県外からの期待をひしひしと感じる状況と
なっていますが、岡山県内の参加組織は
まだまだこれからという感じですが、
徐々に浸透してきています。

★岡山県医労連が、「3日間とも100名の参加」を目標に
 *岡山県医労連では、倉敷医療生協労組の高い自主目標
  設定にも励まされ、3日間とも医労連から100名の参加を
  めざす、という目標を執行委員会で確認しました。
 *医労連傘下の単組では、倉敷医療生協労組が、「1日目50
  人、2日目20人、3日目30人」という自主目標を県内の労働
  組合でもっとも早く決め、取り組みをすすめています。
 *岡山医療生協労組でも、「3日間とも20名以上の参加」を
  自主目標として決定しています。

★岡山高教組でも
 *岡山高教組は、青年部の常任会議で、3人の役員が「3日間
  どこかに必ず参加します」と表明。また、秋の確定交渉の場で
  も、先生方に集会への参加を呼びかけることを確認しています。
 *今週11日(土)に行なわれる分会長会議の冒頭で、倉敷集会
  への参加の呼びかけを長久がします。

★その他の労組・団体でも徐々に動きが
 *岡山県国公の幹事会でも、倉敷集会への取り組みをすすめる
  ことが確認されました。
 *岡山市職労では、本日7日(火)の執行委員会で倉敷集会への
  取り組みを議題としてあげ、参加目標などが話し合われます。
 *新婦人でも、「大きな参加を目指して取り組む」ことを県本部委
  員会で確認し、呼びかけをはじめています。


―――――――――――――――――――――――――
③期待の講義紹介
―――――――――――――――――――――――――

県外の方は、2日目午後の倉敷観光も
楽しみにされていると思いますが・・・。
こちらもオススメです!

★オプショナル学習会①(2日目 14:30~17:00)
 「働くものの基礎理論-労働者と労働組合の視点」の
 講師である、槙野理啓さん(関西勤労協講師)さんから、
 取り組みへの励ましと、講義内容についてメールを
 いただきました!

  「2日目の基礎理論学習講座のプランはできあがりま
  した。マルクスの『労働組合、その過去、現在、未来』
  を素材にやらせてもらいます」

  ・・・とのことです。

 *この『労働組合、その過去、現在、未来』は140年も
  前に書かれたマルクスの短い文章ですが、ものすごく
  奥が深く、今の労働運動へたくさんの示唆をあたえて
  くれる内容のものです。
 *槙野さんは、近著『労働組合の視点』(学習の友社)で
  も、さまざまな視点から労働者、労働組合のものの見方
  や、今問われている課題、そして労働者・労働組合のも
  つ「力」をあきらかにしていますが、今回の学習会では
  よりリアルに、迫力のある生のお話で、聞けることになる
  と思います。おすすめ度
☆☆☆☆☆です。ご期待ください!
 


|

« 第7回実行委員会 | トップページ | 憲法はまだまだ… »

全国学習交流集会in倉敷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第7回実行委員会 | トップページ | 憲法はまだまだ… »