« 神奈川~埼玉で | トップページ | 香川へ。そして宮崎から。 »

2008年10月 3日 (金)

憲法9条が世界を変える

きのう(2日)は、76期岡山労働学校「活憲教室」
入学式があり、45名が参加しました。

記念講演は、東京からわざわざ来岡された、
かもがわ出版東京オフィス所長の松竹伸幸さん。

「憲法9条が世界を変える」というテーマで、
90分にわたり、お話をいただきました。


Dscn4830

 松竹さん。

 非常に
 理路整然と
 お話をされます。
 すごいです。





Dscn4833
 なんとか40名は
 こしました。
 青年比率は半分ぐらい。

 広島からわざわざ
 この講演のために
 こられた方も!


松竹さんは、
「憲法を守ろうと語っていくには、自分の体験や
考えにもとづいて、自分の言葉で語っていくことが大事」
と切り出されたあと、

「憲法9条は理想だから守らねばならない、という考え方も
あるし、そうだと思うが、今日の話は、憲法9条が今現実に
果たしている役割や、力をもっていることを、3つの問題で
紹介していきたい」と述べられ、

1、人の命を奪う武器を規制している
2、対テロ戦争を終結させる力をもつ 
3、国連の平和ルールを現実化する力もある

という側面から、具体的な資料にもとづきながら、
非常にリアルに、説得力のあるお話をしていただきました。

小型武器の規制問題で日本が果たした役割や、
アフガンの武装解除で力を発揮した伊勢崎賢治さんのお話、
紛争地をはじめ、国際社会で9条が求められている問題など、
参加者は、初めて聞く話も多く、
大きな刺激を受けたようでありました。


以下、何人かの感想を紹介します。


「『日本人は好戦性がないことが、9条のつくりだした体臭
である』という伊勢崎さんの言葉がスゴイと思いました。
和平の道の中でイニシアチブをとれる要が日本であることを
再認識するとともに、自身の問題意識を強くした」

「自分の中では9条は大切だし守っていきたいという強い
想いは持っているのだけど、その意味や世界の中での
9条を持つ日本の役割など、どうして必要なのかという所を
自分の中でおとし切れてなかった様に思います。
 でも、日本が、日本人が戦火の中で和解や支援に役に
立てていることが知れてうれしく思いました。9条を守る国、
9条を世界平和に活かせる国に日本がなることの第1歩は、
まず、私たちひとりひとりが自分で判断し、自分で行動できる
ために、本当のことをきちんと学び、そういう力をつけていく
事が世界平和のための小さな確実な力になれることかなと
思います。とても勉強になりました」

「今まで聞いたことのない9条の威力を具体的な中味を聞か
せていただき、とても感動しました。何としても9条を広げ
守りたいと思います。世界平和のために」

「松竹さんの講演はとてもわかりやすかったです。改めて、
9条の大きさなどを知ることができて良かったけど、まだまだ
憲法について、9条について勉強不足だなと感じました。
だけど、今回の松竹さんの講演がとてもよかったです」

「今まで9条の学習というと、過去の戦争体験の悲惨さや
追体験を学び、感じる事から平和の尊さを追求、目指す
目的でしたが、今日のお話は、実際に9条が役割を果たし
てきた事実を知ることができ、相手に話す上でもその一つ
一つが、すごい発見であり、伝わるものではと感じました。
自ら学ぶ分野が増えた気がしました」

「憲法9条の輝く魅力に世界が注目し、日本は身近すぎて
気づいていないのだと思った。夢ではなく、本当に現実に
力を持っているということを、いろんなお話のなかで感じた。
9条はキラキラ光ってる! 世界の平和さえも担保する
9条の力に感謝。9条を守り、生かすことを通じて、やっぱり
やっぱりその恩返しにつなげていきたい」

「9条のもつ力を感じた。世界に誇れる、素晴らしいものだと
思った。軍事力ではなく、9条を活かしていくことで世界は
変わるんだと思った」

「9条は素晴らしいという言い方ではなく、世界の平和の
ために何が必要で、求められているかという点で、大変
勉強になる内容でした」



講演のあとの質疑応答でも、
いろいろ面白い、しかし難しい質問でしたが、
松竹さんは非常にわかりやすく答えられて
いて、さすがと思いました。

その後、労働学校の受講の訴えがSくんからあり、
なかなかホンワカした訴えで、これも評判でした。
が、今期は、なかなか運営委員会の体制も弱く。
募集も苦戦していて、通し受講生は現在20名です。

しかし、「活憲教室」の入学式にふさわしい、
すばらしい内容の講演で、
これからの学びに弾みがついたと
思います。本もたくさん売れました。

松竹さんありがとうございました。


受講生は終了後、有志で“なごみ”(喫茶店交流)へ。
私は、松竹さんのご接待(笑)で近くの居酒屋へ。
これまた有意義な時間となりました。
ありがとうございました。





|

« 神奈川~埼玉で | トップページ | 香川へ。そして宮崎から。 »

労働学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神奈川~埼玉で | トップページ | 香川へ。そして宮崎から。 »