« 主権者としての責任 | トップページ | 活憲の視点で読もう »

2008年10月24日 (金)

またもナイチンゲール

きのう(23日)の午後は、
岡山協立病院の看護師3年目研修で、
「ナイチンゲールの生きた時代背景」
 ~ナイチンゲールから引き継ぐもの~
というテーマで話をしてきました。


Dscn4867
 休憩時間の風景。
 つっぷして寝る参加者。

 全体では10名ほどの
 参加でした。


休憩をはさんで90分間、
ナイチンゲールの生きた19世紀のイギリスの話、
上流階級に生まれたナイチンゲールが看護師になるまで、
そしてナイチンゲールの生命観について、
あれこれしゃべってきました。

でも、現役の看護師さんて、
ナイチンゲールほとんど勉強しないんですよねー。
民医連だからこんな研修をやってるようなもので。

もっとナイチンゲールを学ぶ意義について
広げていきたいですなぁ。





|

« 主権者としての責任 | トップページ | 活憲の視点で読もう »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 主権者としての責任 | トップページ | 活憲の視点で読もう »