« 歴史のなかの日本国憲法 | トップページ | 脳・湯川・請願・温泉 »

2008年10月18日 (土)

兵庫で訴える

きのう(17日)は、午前中高梁市職労へ
全国集会の要請に。

そして晩は兵庫県学習協が倉敷集会へ
向けて実行委員会をつくることとなり、
魅力を訴えに行きました。

Dscn4865

 神戸駅までは順調だったけど、
 会場まで迷ってしまい、
 18時半ギリギリに到着。

 30分間ほど、集会の魅力を
 話をしてきました。



参加人数はあまり多くはなかったですが、
港湾労組の青年労働者が「ぼくは行きます」と
チラシを余分にもって帰ってくれたり、
青年ユニオンから参加の女性が、
「執行委員みんなで行ければいいと思ってる」と
こちらもチラシをたくさんもって帰ってくれました。

1人ひとりに集会の魅力を伝える。
そうすれば広がる。
それは参加要請活動で得た確信です。

終了後は学習協の会長と事務局長と私の
3人で駅近くの居酒屋へ。
あー、お魚美味しかったです。
でも焼酎2杯飲んでフラフラでした。
家に帰ったのは23時半。
きのうも移動距離が長かったです。


それにしても!選挙どーなるんだ!
おいこら~!
・・・・・・といっても、どうにもならないので、
今はコツコツとできることを
積み上げていくだけです。



蛇足。

きのうは姫路で乗り換えたんですが、
駅の看板にこんなものが!

Dscn4864
 長久病院というものが
 姫路にはあるらしい。

 しかし、よく見ると読み方は、
 「ちょうきゅう」となっていた。

 はい、ただそれだけです。





|

« 歴史のなかの日本国憲法 | トップページ | 脳・湯川・請願・温泉 »

全国学習交流集会in倉敷」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史のなかの日本国憲法 | トップページ | 脳・湯川・請願・温泉 »