« サービスではなく人権 | トップページ | タイムリー! »

2008年6月20日 (金)

子どもの命みつめて(下)

今日(20日)の午後は、ソワニエ看護専門学校
10回目の講義。

「読書日記」は『ママでなくてよかったよ』。

また、ビデオを見る前に、
絵本、『わすれられないおくりもの』を読み、
あれこれ説明しました。

で、今日は小児科医・細谷亮太さんの
「子どもの命みつめて」(「人生の歩き方」という番組)の
3回目「親の悲しみと向き合う」と、
4回目「サヨナラの向こうに」を見ました。

Img_1861

 はじめて教室内を
 こっそり撮影(笑)

 ビデオをみる
 学生さんたち。



今回も、学生さんには
学ぶことが多かったようでありました。

感想文もよかったのですが、
今日は時間がないので割愛。


次回と次々回は、
一応「ものの見方(哲学)」なんですが、
さて、何をしゃべろうかな~。



|

« サービスではなく人権 | トップページ | タイムリー! »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サービスではなく人権 | トップページ | タイムリー! »