« 軍事と環境の視点 | トップページ | 今日は朝日新聞にキレた »

2008年6月27日 (金)

知って使おう労働者の権利

きのう(26日)は、75期岡山労働学校
第6講義がありました。
なんと参加は9名!(涙)
きのうは、青年劇場の「族譜」というお芝居が
同時刻に岡山市民会館であり、
そちらに何人か流れたもようであります。
それにしても少なかったので、残念。

テーマは
「いまこそユニオン-労働組合の底ヂカラ」
ということで、
県労会議事務局次長で学習協会長の
伊原潔さんが講師でした。


Img_1869

 プロジェクターを
 つかって説明する
 伊原さん。



労働相談の事例などを
紹介されながら、
労働者の権利、労働組合の力、
職場でこんな問題がおきたとき、
今の労働者が置かれている実態、
などなど、非常に具体的なお話でした。

一人でも入ることのできる
ローカルユニオンのことも紹介され、
「たたかう人生も面白い」と語られました。

リアルな事例が印象的なお話でした。


講義終了後のグループ討論では、
「前に働いてた職場では・・・」
「いまのバイト先でこんなことが・・・」という
話もだされ、盛り上がりました。


【受講生の感想】

「週1日でも6ヶ月働いたら年次有給休暇が1日つく
ことにびっくりしました。2年間は記録をとっていたら
残業代は出るのかと驚きました。パートやアルバイト
でも一般労働者の3/4以上の勤務時間があれば
社会保険に入れることも発見でした」

「そういえば・・・就活中に『面接で給料のことは聞い
てはいけない』と教わりましたが、働く人の権利に
ついては全然知らされていませんでした。不当なこ
とに気づける労働者をつくりたくない思惑がはたら
いている気が・・・権利を使うためにも、しっかり知っ
ておかなければ、と思いました。自分の会社の就業
規則を改めてチェックしようと思います。どきどき…」




|

« 軍事と環境の視点 | トップページ | 今日は朝日新聞にキレた »

労働学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軍事と環境の視点 | トップページ | 今日は朝日新聞にキレた »