« 75期がスタートぉぉ | トップページ | 労働者教育協会の総会へ »

2008年5月 9日 (金)

がんばれ現役労働者

おととい、きのう、きょうと、
岡山医療生協労組の昼休み学習会
東中央病院へ行ってきました。

30分弱で「後期高齢者医療制度・ナースウェーブ
について話すという恐ろしい仕事をやってきました。

時間が時間なので、後期高齢者医療制度のことは、
多田富雄さんの怒りの言葉(
毎日新聞4月11日)を紹介することに
主眼をおきました。



また今日は、その昼休み学習会を
13時ちょうどに切り上げ、
ソワニエ看護専門学校での4回目の講義が
13時10分からという綱渡り連続講師でした。

ソワニエでは、
きのう紹介した多田さんの『寡黙なる巨人』を、
授業の半分を使って紹介。
学生さんはみな、大きな刺激を受けたようでした。

本授業では、『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)の
1回目。コペル君の名前の由来がわかるところでした。

しかし、授業が終わってから
「先生の声は子守唄のように聞えるわぁ」と、
ある学生から言われ、心で泣いたのでありました。
午後の授業ということもありますが、
やはりさらなる修練が必要なようです。がんばらねば。
もちろん、良い感想を伝えてくれる学生さんもいるのですが。


ところで、『寡黙なる巨人』は、
東中央病院の学習会のときに、
「読んだ人いますか?」と聞くと、誰一人、手をあげる
人はいませんでした。3回で100名近い参加者でしたが。
療法士さんもふくめ。

逆に、ソワニエでは、「この本は1度読んだことがあります」
という学生さんが1人(しかも18歳)。
また、「じつは友人に連休中にかりた本で、読もうと思う」
という学生さんが1人。
これにはビックリしました。


現役労働者のみなさん、
学生さんに遅れをとっていますよ!
がんばってください!



|

« 75期がスタートぉぉ | トップページ | 労働者教育協会の総会へ »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 75期がスタートぉぉ | トップページ | 労働者教育協会の総会へ »