« 山口県学習協総会へ | トップページ | 『学習の友』4月号 »

2008年3月31日 (月)

運営委員会研修会

きのう(30日)は、75期岡山労働学校の
運営委員会研修会
をおこないました。

ほんとうは合宿にしたかったのですが、
やはり難しく、1日のみとなりました。

会場は、倉敷芸文館の和室。
午前中のみ借りて、840円という格安料金でした。

Img_1710
 ふだんとは違う場所で学ぶことで、
 集中力が増すのです。
 和室はなごむネェ。


内容
は、「学習運動と労働学校の役割と魅力」
ということで、1時間少々話をして、
その後感想交流をしました。

岡山県学習協の歴史と物語(1963年~現在)、
学習運動とはそもそもどんな運動か、
そのなかにおける労働学校の位置づけ、
労働学校運動の魅力と運営委員会の役割、
運営委員に求められる資質とは、

てな感じの内容でした。

ベテランの運営委員も、
初心者マークの運営委員も、
学習運動と労働学校のそもそも論を
きっちり確認することで、運動の目的や
自分たちの役割を自覚することができます。
感想交流を聞いていて、それを改めて感じました。

もっとひんぱんに、
そして対象も広げて、
こうした学習会をやって
いければと思います。


終了後は、倉敷で昼食をとりながら、
感想交流の続き。
「なぜ労働学校に来たのか」「運営委員になぜなったのか」
「労働学校の魅力や存在価値は」という質問が初運営委員から
なげかけられ、それぞれ思い出しながら、交流をしました。

やはり、初顔が入ると刺激と
緊張感が生まれてよいですなぁ。

4月の2つの企画と、
5月開校の労働学校の募集を成功させるために、
団結してガンバロー!rock




|

« 山口県学習協総会へ | トップページ | 『学習の友』4月号 »

労働学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山口県学習協総会へ | トップページ | 『学習の友』4月号 »