« オウエンとカウンセリング | トップページ | チュニジアの11日間(11) »

2008年2月20日 (水)

服部先生のはなし

今日のお昼ゴハンのときに、
『月刊学習』という雑誌を読んでいた(3月号)。
(いつもながら族なのです)

「服部文男先生の訃報に接して-
  科学的社会主義の研究と学習・普及に尽力された姿に思う」

と題して、宮城県学習協の鈴木さんの一文が
掲載されていた。(全国の会議などでよくお会いしている方です)

ひと言でいって、
服部文男さんの学習・研究態度に、深く胸をうたれた。

日本における『資本論』研究、科学的社会主義研究の
大御所でありながら、労働者教育とともに歩み、
つねに働く人びとから学ぶ姿勢を失わなかった。

「私はみなさんの職場のことはよくわからない。
聞いて勉強するしかないんですよ」

「職場の大変さを知らないと経済学の勉強になりません」

と話されていたという。


また、度肝をぬかれたのは、
服部さんが、労働学校で
『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎)について
話をするときのこと。

主人公のコペル君が銀座のあるデパートの屋上に
立って不思議な体験をする書き出しがあるのだけれど、
服部さんは、「このデパートは松屋」と、話をしたという。
自分自身で松屋の屋上に立って調べられたとのこと。
ものすごい。

「事実は細部までつかまなければ」

「科学的な分析・判断は正確な事実・史実の把握から」

生涯を貫いた研究態度だった。


そして、あらためて思ったのだけれど、
学習運動って、ほんとーに、すばらしい大先輩たちがいる。
私は、どれほど、こうした先輩方から学ばせてもらっただろうか。

今後どれだけ、こうした大先輩に近づけるかはわからない。
でも、めいいっぱい、努力し続けていきたいと思う。

直接お会いしたことはなかったけれど、
服部先生、ありがとうございました。



|

« オウエンとカウンセリング | トップページ | チュニジアの11日間(11) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オウエンとカウンセリング | トップページ | チュニジアの11日間(11) »