« チュニジアの11日間(9) | トップページ | みんなの学校がスタート »

2008年2月12日 (火)

研修会は湯郷温泉

きのう(11日)は、岡山医療生協労組の
研修会
に講師として参加しました。

参加は広く呼びかけられたようですが、
結局、執行委員中心の研修会となり、
参加は14名。

そして、会場はなんと湯郷温泉!


Img_1478

 岡山協立病院前まで、
 会場のホテルの
 車が送迎してくれました。

 これに乗って出発!



1時間20分ほどで、美作市の
湯郷温泉のホテルへ到着。

10時半から学習会となりました。
「労働組合の底ヂカラ-人間らしさを求めて」という
テーマで、約1時間話をしました。

だいたいいつものような話でしたので、
今日は柱のみご紹介。

はじめに-求められる、労働組合の役割と魅力の発信、語る力

一。人間らしさを求めて
 1。日本国憲法から労働組合を考える
 2。権利を知って使う
 3。「人間らしさ」と「働きがい」求めた人びとの物語
                      -看護のたたかいを例に
 4。いつの時代も、困難な現実を前にして
                      -労働組合の底ヂカラ

二。イキイキとした労働組合活動のために
 1。「他人の痛み」への連帯
 2。学習活動をつねに課題としてかかげる
 3。サイエンスとアート


以上。


終了後、40分程度、感想交流の時間が
あったのですが、思った以上に
よい感想交流になったと思います。


Img_1479


 感想交流の様子







「労働組合の大切さをあらためて実感した」

「学習の重要性を感じる」

「感性を育てるにはどうしたらよいか」

「職場でなかなか組合への理解が広がらないが、
今日の話をヒントにがんばりたい」

「勤通大をぜひ受講しようと思う」

などの感想や、職場の状況などが
出されました。

勤通大「新・労組コース」は
執行委員会全員で受講する方向となりそうです(たぶん)。
学習援助をしっかり考えねば。
そして、さらに広げねば。


学習会のあとは、昼食交流、
各自温泉などに入って、英気を養いました。

みなさん、9日のバレンタイン行動、
10日は労組のスキーツアーや「朝日訴訟の会」の総会など、
忙しい(充実した)3連休だったようです。

おつかれさまでした。




|

« チュニジアの11日間(9) | トップページ | みんなの学校がスタート »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

岡山医療生協、倉敷医療生協と集団受講がまとまりそうで、うれしい!。

 貧困関係の本は買うのも読むのも追いつかない。いま、水島宏明『ネットカフェ難民と貧困ニッポン』(日本テレビ)を読み始めているけど、長久くんのいうように、想像力を超えてるね。
その現実にうちひしがれるわ。

 勤通大、引き続きよろしく。早く100を超してね。

投稿: ふとめしんど | 2008年2月14日 (木) 22時24分

ふとめしんどさん、ありがとうございます!

勤通大は徐々に手を打ちつつあり、
これからだんだんと上がっていくと思います。

が、まだまだ200は遠くかすんで見えません。
さらにがんばります。

投稿: 長久 | 2008年2月15日 (金) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チュニジアの11日間(9) | トップページ | みんなの学校がスタート »