« 春闘学習討論集会で | トップページ | チュニジアの11日間(6) »

2008年1月29日 (火)

岐阜民医労で

27日~28日、岐阜へ行ってきました。
岐阜民医労の第1回ユニオンセミナー
第1講義の講師を担当しました。

じつは、岐阜民医労の林さん(書記長)が、
私のブログを読んでくれていて、
「一度岐阜に来てくれませんか」となったわけであります。
もちろん、林さんとはまったく面識がありませんでした。

ブログが物理的な空間距離をこえて、
私の名刺代わりとなってくれていたわけです。
やっててよかった(涙)。

ちなみに、林さんも岐阜医労連のブログを
日々更新されています。ぜひご覧ください。
こちら →
「岐阜医労連ブログ」


さて、27日(日曜)は、午前中の講義だったので、
6時42分岡山発の新幹線で名古屋まで。
名古屋から岐阜はすぐで、岐阜駅に着いたのは
9時ちょうどでした。思ったより岐阜は近い…。

改札口を出ると、
『友』をもった林さんが・・・。
この前の出雲方式です(笑)。

車で会場まで。ケアハウスの交流ホールを
使ってのセミナーでした。

10時から始まり、委員長さんの開会あいさつのあと、
私の講義に。10時10分~12時ちょうどまで、
休憩をはさんでなんと1時間50分も話を
してしまいました。おつかれさまでした。

講義は「知って納得 労働組合の基礎知識」。
さきほどご紹介した岐阜医労連のブログに
セミナーの様子と感想文、レジュメものっていますので、
詳しくはそちらをご覧ください。

12時に終了し、お昼休憩に。
「いまそこユニオン」のDVDを見たり
労金さんの話を聞いたり。
そして岐阜学習協のA池くんの訴えもありました。


Img_1448
 岐阜労働学校への
 参加の訴えや、
 青年ユニオンのことなど。

 私より若い学習協の
 事務局長です。
 すごいがんばってます。


休憩をはさみ、午後も2本の講義が。
1日3本はきついんじゃないかな~と
思ってたんですが、
第2講義「心も元気 メンタルヘルスの基礎知識」
第3講義「知って活用 春闘と改正パート労働法」
のどちらも、とてもおもしろく、かつためになる話でした。

参加者の方々も集中力がとぎれずに
聞き入っていたように思います。
私も一緒に学習しましたが、とても勉強になりました。


Img_1449



 こちらは第2講義の
 様子です。




こうして、第1回の
ユニオンセミナーは終了。
充実した内容でした。

参加されたみなさんおつかれさまでした。


セミナーが終わると、
車で移動して長良川沿いにあるホテルへ。
役員メンバー中心の懇親会がありました。

労組役員のみなさんや、
岐阜学習協のA池くんと久しぶりに
いろいろと話ができ、楽しかったです。


Img_1453


 これは、
 28日の朝、ホテルの
 部屋からの眺め。

 景色のよい
 ところでした。




そして、28日午前中は、岐阜観光をすることに。
前日、「こういうコースがいいわよ」と
教えていただいたルートを忠実にそって、観光しました(笑)



Img_1458_2

 これは岐阜大仏。
 鎌倉、奈良に匹敵する、
 日本三大大仏だそうでが、
 あまり知られてはいないとか。

 じっさい、観光客は
 私ひとりでした(涙)。
 朝イチだったこともあると
 思いますが。

 
骨格は木材で
 つくられているそうです。
 たしかに大きい!





Img_1460_2

 こちらは、
 岐阜城からの
 ながめ。

 ロープーウェイ
 で登ります。
 長良川と
 岐阜の街並み、
 そして山並み。
 すばらしい。




Img_1463



 こちらは
 岐阜市の
 中心部方面。








岐阜城は360℃の大パノラマが堪能できる
ところにあり、景色はほんとうに素晴らしいです。
金華山というところの頂上にたっています。

このあとも、ウロウロと街を歩いたりしました。


岐阜は初めてだったので、
ちょっとしたミニ旅行にもなりました。


岐阜のみなさん、
あらためて、ありがとうございました。




|

« 春闘学習討論集会で | トップページ | チュニジアの11日間(6) »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

長久様

はるばる岐阜まで講義にきてくださいまして、ブログにアップもしていただいてありがとうございました。

たいへん勉強になりました。精進します。

おみやげは鮎菓子?明宝ハム?岐阜はこれと言って名物みやげがないんですよね~(笑)

投稿: hayashi | 2008年1月29日 (火) 11時01分

林さんありがとうございました!

ぜひ勤通大や『友』も広げていただけるよう、
お願いいたします(笑)

おみやげは、いろいろ物色しましたが、
鮎菓子に落ち着きました。

今後ともよろしくお願いいたします。
11月にはぜひ倉敷へおいでください。

投稿: 長久 | 2008年1月29日 (火) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春闘学習討論集会で | トップページ | チュニジアの11日間(6) »