« 久しぶりに熱が出た | トップページ | 古典講座やります »

2007年12月19日 (水)

『友』1月号&春闘別冊

『学習の友』1月号と春闘別冊の主な記事のご案内。

【『学習の友』1月号】

*特集「08春闘-要求実現のチャンス」
 ・ワクワクする08春闘情勢(大木一訓)
 ・社会保障切りすても消費税増税もしない方法は(梅村早江子)
 ・低賃金は変えられるか 大企業の利益をどうみるか(松丸和夫)

*なぜ「生きさせろ!」と叫ぶのか(雨宮処凛)

*スピリチュアルに染まりたいですか(村本敏)

*新連載-労資関係と暮らし改善の道①
 ・この10年間になぜ貧困がひろがったのか(辻岡靖仁・田中紘一)

*新連載-いま、働き方・生き方を考える①
 ・働く若ものは、いま(中田進)

*連載講座-憲法9条で平和を築くために〔最終回〕
 ・憲法九条はどのように平和を拓くのか(小澤隆一)



【『学習の友』2008春闘別冊】

*政治を動かし要求を実現する情勢(佐々木昭三)

*「なくせ貧困」運動の先頭に労働組合が(小田川義和)

*生活できる最低賃金で未来の扉を開く(大木寿)
 ・五つの疑問にこたえる 最低賃金Q&A(伊藤圭一)

*仲間を増やして08春闘をたたかおう(寺間誠治)
 ・青年ユニオンを県労連としてバックアップ(山本邦夫)

*こうやって要求を実現した
 ・いきいきワクワク 職場活動マニュアル(二見伸吾)
 ・青年は要求への確信をどう育てたか(鈴木透)
 ・徹底した宣伝と、本音をききとるアンケート
(中村健一)
 ・職場集会で要求をねりあげ、かかげつづければ、再建企業でも(足立浩)



参議院選挙の結果、あたらしい情勢が
生まれています。

毎年、情勢が同じことなどありませんが、
今年は特に、新しい情勢のもので行われる春闘であり、
近々あるであろう総選挙の力とするためにも、
ますます「学び」が大事になってきています。

『友』でしっかり学びましょう!



|

« 久しぶりに熱が出た | トップページ | 古典講座やります »

『学習の友』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりに熱が出た | トップページ | 古典講座やります »