« 哲学する心 | トップページ | たばこはやめて »

2007年11月14日 (水)

あたたかい贈りもの

数年前まで岡山労働学校の常連受講生だった、
ゲンさんという方がいる(いまは記念講演のみ参加)。

「ゲンさん」とみんなから親しみをこめて呼ばれている
Oさんは、いまは60代なかばぐらいの方だけれど、
詩を書かれ(詩集も2冊自費出版している)、
とても繊細であたたかいハートのもち主である。

きのうゲンさんから、
「長久くん明日事務所にいる?」と電話があった。
「何時ぐらいに来ますか?いるようにします」
「では3時ぐらいに行きますんで」
という短い会話だった。

なんの用かまったく想像できなかったのだけれど、
今日、3時少し前に、ゲンさんがやってきた。


Dscn3346


 「これ、結婚記念に」と、
 花と手づくりおでんをくれた。





11月16日が私たちの「結婚を祝う会」を行った日なのだけれど、
それを覚えていて、こうしてプレゼントをくれるなんて…。

ゲンさんの“あたたかさ”“思いやる心”にはいつも感服している。

今日は、仕事を遅くまでしようと思っていたけれど、
少し早く帰って、2人でおでんを食べます。
(ちなみに、結婚5周年になります)

ありがとう、ゲンさん。
おでんをつくってくれたA子さんも。



|

« 哲学する心 | トップページ | たばこはやめて »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 哲学する心 | トップページ | たばこはやめて »