« 内容しぼるかぁ | トップページ | 沖縄戦とは何だったのか »

2007年11月 7日 (水)

美観地区に320万人

今日の山陽新聞「倉敷市民版」より。

来年、11月22~24日に行われる学習運動の
「2008 全国学習交流集会in倉敷」では、
美観地区の観光もできまっせー。
ぜひおこしください(県外向けよびかけ)。

しかし、こんなに観光客多かったんですね。知りませんでした。



観光客1.9%増679万人 市06年まとめ

 
倉敷市は6日までに、2006年の観光統計をまとめた。
市内観光客数は前年比1・9%増の679万人。05年岡山
国体からの
“反動”で県全体の観光客数が伸び悩む中で
健闘した。宿泊者数も同1・9%増の104万7000人で、
プレ国体で大きく伸びた04年以降、3年連続で100万人
を突破した。
 
観光地別では、最も多かった美観地区の320万9000
人(同4・4%増)
、下津井など周辺を含む鷲羽山の173万
9000人(同4・3%増)、円通寺をはじめとする玉島地区
の8万4000人(同23・5%増)などがけん引。一方で、運
営の在り方をめぐって岐路に立たされている倉敷チボリ公
園は、1997年の開園以来最少の84万4000人で、同1
0・1%の大幅減となった。
 
外国人観光客は同32・1%増えて1万6000人となり、
伸びが顕著。県を挙げて誘客に力を入れたこともあり、中
国、韓国、台湾など東アジアが増えたという。修学旅行生
も、関西や山陰からを中心に学校数が280校で同18・6
%増、人数が2万4000人で同48・0%増と急伸、宿泊者
数を押し上げた。

Dscn2192














|

« 内容しぼるかぁ | トップページ | 沖縄戦とは何だったのか »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内容しぼるかぁ | トップページ | 沖縄戦とは何だったのか »