« カルタゴ・ナイチンゲール | トップページ | 12月は集金月間 »

2007年11月28日 (水)

『学習の友』12月号

『学習の友』12月号の主な記事の紹介。

【特集 こころの健康を守る】
 *なぜ心の病が・・・企業の労働者支配・労務管理(牧野富夫)
 *健康に、安全に働くのは権利
         ・・・労働組合の労働安全衛生活動(佐々木昭三)
 *手引き・・・心の健康づくり
 *図解 心の健康をまもるキホン・・・メンタルヘルス問題(天笠崇)

【その他の主な記事】
 *「力士」って労働者?-力士の死亡事件で考えること(山瀬徳行)
 *日本軍は南京で何をしたのか-南京事件シンポによせて(石山久男)
 *連載講座「憲法九条で平和を築
くために」
  ・第3回-憲法九条をまもり続けられたのはなぜか(小沢隆一)


メンタルヘルス問題は、いまや大きな社会問題。
労使の立場をこえて、解決せねばならない課題です。
労働組合としての取り組みの方向性も学べる12月号、
ぜひ活用をしてください。

連載「キラリ、憲法」は、今回から
山口県学習協の石田高士さんにバトンタッチ。

石田さんは、山口高教組の専従の方です。
中国ブロックの会議でいつもお会いしています。

「日々の労働は、平和を愛する心をはぐくむ。私は
そう思っている」という文章に共感! さすが石田さん!

|

« カルタゴ・ナイチンゲール | トップページ | 12月は集金月間 »

『学習の友』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カルタゴ・ナイチンゲール | トップページ | 12月は集金月間 »