« 言葉にこだわって憲法を読む | トップページ | ヒューマニズムと微温 »

2007年10月22日 (月)

映画『日本の青空』

映画『日本の青空』を土曜日にみました。
会場は三木記念ホール。13時半からの回にいきました。

私の学んできた憲法制定過程の事実認識と、
若干違う箇所がありましたが、それはおいといて、
全体的には良くできていたと思います。

高野岩三郎が加藤剛とは、なかなかよいキャストでした。
主役の鈴木安蔵のことも、詳しく知れたのでよかった。

Dscn3248
 開演前、住職さんが
 実行委員会を
 代表してのあいさつ。

 「なかなか私自身が
 
人に声をかけれなかっ
 たので、反省し、頭を
 丸めてきました」
 という話が・・・。



終了後は、13時半上映に参加した労働学校のメンバーで
近くのファミレスで感想交流。8名参加。

「知らないことばっかりだった」
「押しつけ憲法というのはやはり違う」
などなど、1時間いろいろと話をしたのでありました。

Dscn3251

 

 参加された
 みなさん、
 おつかれさまでした。








|

« 言葉にこだわって憲法を読む | トップページ | ヒューマニズムと微温 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 言葉にこだわって憲法を読む | トップページ | ヒューマニズムと微温 »