« 地球憲法9条は近い!? | トップページ | 来年の手帳をつくる »

2007年10月10日 (水)

歴史教育の弱さ

今日は、午前9時から林病院(民医連加盟)の
4年目職員研修に講師で行ってきました。
来月にも同じ4年目研修で同じ話をします(参加者が違う)。

Dscn3210




 本日の
 参加は12名。






「憲法がある、ということ」という題で、
休憩をはさんで90分間、しゃべってきました。

だいたいこれまでと同じような話をしたのですが、
首相の交替による若干の修正、
後半は「軍事費と福祉」について話をしてみました。

憲法の講師に行くことが多くなったので、
しゃべるほうも、いつもと同じ話だと緊張感がなくなるので、
できるかぎり学習会の前に新しい本を読んで、
その内容をしゃべるようにしています。

今回は、2日前に読んだ、
『5大陸20人が語り尽くす憲法9条』の内容を
しゃべってみました。どうだったかなー。


あと、「1945年8月15日は、何の日でしょう」という質問をしたら、
あてた人が「・・・・・・」と答えられませんでした…。
横にすわっていた人が「終戦だよ」と言って、教えてくれていました。

が、やはり歴史教育の不十分さを痛感する出来事でした。
アジア諸国では、記念日です、この日が。

|

« 地球憲法9条は近い!? | トップページ | 来年の手帳をつくる »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地球憲法9条は近い!? | トップページ | 来年の手帳をつくる »