« 新自由主義・保育の底力 | トップページ | 水島協同病院へ »

2007年10月16日 (火)

常任理事会の議論

きのうは、県学習協の常任理事会がありました。

この間の取り組みとして、
「学習教育運動セミナーin倉敷」の成功、
74期岡山労働学校「日本の戦争教室」の取り組みの
状況が確認、論議されました。

また、今後の課題としては、
組織拡大としての『友』や会員の拡大、
倉敷での労働学校開校の検討、
08年度勤通大「新・労組コース」の取り組み、
などが議論されました。

また、来年11月の全国学習交流集会にむけて、
11月12日(月)に実行委員会立ち上げにむけた
準備会議を行い、12月に第1回の実行委員会を
行うことを確認しました。

いよいよ始動ですなー。


論議のなかで、
日亜化学の青年労働者のたたかいや、
各労組での青年問題なども出されました。

全国集会でも、どれだけの若者の力を発掘し、育て、
輝かせるか、が成功のカギをにぎっていると思います。



|

« 新自由主義・保育の底力 | トップページ | 水島協同病院へ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新自由主義・保育の底力 | トップページ | 水島協同病院へ »