« 韓国・命・玉砕・同世代 | トップページ | 久しぶりのソワニエ »

2007年9月 7日 (金)

平和を守る勇気

きのう、事務所に届けられた
全国革新懇ニュース(9月10日付)を見てびっくり。

尊敬する医師のひとり、
日野原重明さん(聖路加国際病院理事長)が
1面の
インタビューに登場していた。

タイトルずばり、「
憲法守り、軍隊のない独立国家に」です。

革新懇ニュースの1面インタビューにはいつも驚くような
人が登場するのだけれど、今回も飛び上がるようなサプライズだった。

日野原さんは、
参議院選挙の自民党大敗を「よかった」と言い、
心して憲法を読み返して、改憲阻止の運動を進めることが大事」と主張。

また、731部隊の石井四郎は京都大学の先輩で、
医学部4年生のときに人体実験の16ミリ映像を見せられたこと、
僕らはそういう事実を知っているから、『あれはもう過去のことで、
なかったことだ』なんて嘘は通じない
」と明快に述べている。

そして、

安保条約を破棄することにアメリカは文句を言えません。
いい方向にするんですから」

現代人に必要なのは戦う勇気より平和を守る勇気です

「私は命を守る医者です。命を脅かす最大のものが戦争です。
だから私は日本が軍隊をもつことに同意できないし、
平和運動
に徹するのは医者の務めです


と、メッセージを送っている。

日野原さんは、平和コンサートなどに関わったり、
講演会で平和の尊さを語っていることは知っていたが、
ここまで政治的な発言を目にしたのは初めてだったので、
正直驚くとともに、あらためて感銘を受けた。

今日のソワニエの授業で、憲法の話がスタートしたので、
まさにグットタイミングの記事だった。

さっそく生徒さんと教務の先生方にも
記事を印刷して配布しました。

いろいろな分野に影響力の大きい人だけに、
この発言は、ほんとうに重い、と思います。
ぜひ、革新懇ニュースの最新号をお読みください。

|

« 韓国・命・玉砕・同世代 | トップページ | 久しぶりのソワニエ »

日記」カテゴリの記事

コメント

岐阜県医労連の林と申します。
ブログにコメント頂き、ありがとうございます。

長久さんのブログ、毎日見てますよ。
講師活動の記録は参考になりますから。

旅の日記もいいですね。沖縄の伊江島、行きたくなりました。

ブログは地道に更新ですね。お互いにこつこついきましょう。

では、また。

投稿: 岐阜県医労連 林 | 2007年9月 8日 (土) 02時12分

林さんコメントありがとうございます!
ブログ見合ってたなんて不思議ですね。

林さんのブログの渡嘉敷(でしたっけ?)の写真を見て、海の青さにうっとりでした。
離島はいろいろと行ってるんですが、渡嘉敷はまだ行ったことがないので。
伊江島はおすすめです。阿波根昌鴻さんがつくった資料館は必見です。

今後ともよろしくお願いします!

投稿: 長久 | 2007年9月 8日 (土) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国・命・玉砕・同世代 | トップページ | 久しぶりのソワニエ »