« 緊張して悪夢をみた | トップページ | 未来をつくる仲間として »

2007年9月28日 (金)

15回無事に終了!

今日は午後、ソワニエ看護専門学校1年生の15回目の講義。
最終回でした。

が、直前まで準備ができておらず、
レジュメができたのが1時間前、
それを人数分刷って完成させたのが30分前という
恐ろしい綱渡りでありました。

今日は
「日本国憲法の哲学(4)」ということで、
憲法「改正」の動きや自民党の新憲法草案の検討、
戦争と福祉の関係性など、話をしてみました。

軍事費のムダづかいぶりには、
学生さんも驚いていたようでした。
まず、知ることが大事です。



今年のソワニエ講義は、昨年の倍の長丁場だったので、
なかなか体力的にはしんどいものがありましたが、
それだけ自分自身を鍛える場にはなったと思います。

とくに「読書日記」は自分自身の学びの幅をさらに
広げるものであったし、学生さんにも好評のようでした。
来年も続けてみようと思います。

じつは、今年も、学生さんに紹介しよう、と買いためていた
本が、結局20冊近く紹介できないまま(つまり私に読まれないまま)、
事務所の本棚に飾ってあるのであります。

Dscn3116_2 



 こ
れは来年に
 とっておこうと
 思います。







さて、学生さんに課題として出したレポートが
2週間後に届くのを、楽しみに待ちたいと思います。

今晩は乾杯しなければ、乾杯。
自分へのおつかれさまの意味をこめて。



|

« 緊張して悪夢をみた | トップページ | 未来をつくる仲間として »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

手に汗にぎるスリル満点のお話ですね。同様の状況を経験したのでよくわかりました。でも、きっと長久さんは表情一つ変えずに、いつものとおり、講義に入られたのでしょう。ぎりぎりまで準備された講義が結構好評だったりして…。

投稿: 坪中 明久 | 2007年9月29日 (土) 22時11分

坪中さん、ありがとうございます。

ギリギリ完成は、なかなか緊張感があってよいのですが、
でもやっぱり講義は準備がきちんとできることがイチバン。

計画的な活動を心がけたいものです…。

投稿: 長久 | 2007年9月29日 (土) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊張して悪夢をみた | トップページ | 未来をつくる仲間として »