« つぶやいてみる | トップページ | 07夏九州旅③-大分編 »

2007年8月21日 (火)

必死に学ぶ韓国現代史

最近読み終えた本。

今度の岡山労働学校で無謀にも、
「韓国現代史」なる講義をすることに
なったので、これから積み上げ作業が必要だぁ。

『これならわかる韓国・朝鮮の歴史Q&A』(三橋広夫著、大月書店、2002年)

『日本の植民地支配-肯定・賛美論を検証する』
           (水野直樹・藤永壯・駒込武 編、岩波ブックレット、2001年)

『一気にわかる朝鮮半島-日本・韓国・北朝鮮の近現代関係史』
                            (鄭銀淑、池田書店、2004年)

『検証 日韓会談』(高崎宗司、岩波新書、1996年)

じつに複雑な歴史と戦後の歩み。
これをどう整理して、生き生きと伝えるか。難しい。

もっと内側の、生々しいものを読みたい。
次は、朝鮮戦争について学ぼうと思います。

|

« つぶやいてみる | トップページ | 07夏九州旅③-大分編 »

読書記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つぶやいてみる | トップページ | 07夏九州旅③-大分編 »