« 07夏九州旅①-福江島(上) | トップページ | 07夏九州旅②-福江島(下) »

2007年8月17日 (金)

知らなかったマニラ市街戦

きのうの晩、NHKのBS1で、22:20から、
「証言記録 マニラ市街戦」というドキュメンタリー番組を
していたので、ビデオにとりながら見ました。

とりあえず、NHKの番組紹介。

 
太平洋戦争最大の市街戦「マニラ市街戦」。
――1945年2月3日から3月3日の攻防戦の死者は12万人。
そのうち10万人がフィリピン人だった。持久戦を強いられた
日本兵は斬り込み攻撃を繰り返し、米軍の激しい無差別砲
撃を招く。双方が人を見れば敵と思う極限状況のなかでフィ
リピン人に対する殺戮が重ねられていった。それから62年、
わずかに生存する「マニラ海軍陸戦隊」の元兵士たちが、
人生の最晩年を迎え、ようやく重い口を開き始めた。市街
戦の一ヶ月、兵士たちの行動や心理はどのように変ってい
ったのか。なぜこれほど多くのフィリピン人が犠牲になった
のか。
米国で公開された市街戦の記録、日米の元兵士と
フィリピン人生存者の証言によって、マニラ市街戦の一ヶ月
の実像に迫る

見るのがたいへんつらくなる内容でしたが、
証言している人はもっとつらいだろう。
話しをする苦しそうな顔、流す涙・・・。

写真と映像、証言をまじえ、フィリピンの首都マニラでの
市民をまきこんだ市街戦を正面から伝える番組となっていました。

恥ずかしながら、フィリピンでの戦争被害については、
バターン行進や日本軍による現地住民虐殺については
知っていましたが、1945年の時期に、このような
大規模な市街戦があったとは知りませんでした。

この市街戦での死者数
(うるおぼえなので、正確ではないかもしれません)
  
   日本軍  16,550人
      米軍    1,010人
 フィリピン市民 100,000人


まだまだ知らないことが多すぎます…。

|

« 07夏九州旅①-福江島(上) | トップページ | 07夏九州旅②-福江島(下) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 07夏九州旅①-福江島(上) | トップページ | 07夏九州旅②-福江島(下) »