« 手抜き会報完成 | トップページ | 元気に8月も終了 »

2007年8月30日 (木)

なぜ朝鮮が分断なのか

最近読み終えた本。

『NHKスペシャル 朝鮮戦争 分断38度戦の真実を追う』
         (饗庭孝典・NHK取材班、日本放送出版協会、1990年)

『秘史 朝鮮戦争』(I.F.ストーン・内山敏訳、青木書店、1966年)



朝鮮戦争の全体像をたしかめる。
が、この2冊には、朝鮮の人びとの姿が出てこなかった。
朝鮮戦争当時の内側の空気が知りたい。
150万人の朝鮮の人びとが亡くなっているのだ。

また朝鮮戦争と日本のかかわりでいうと、
次のようなことが確認できると思う。

①朝鮮の南北分断は、遠因として日本の植民地支配に原因があること
②朝鮮戦争の際、アメリカの出撃基地として日本が使われたこと
③朝鮮戦争の際、国内の治安対策として、警察予備隊が創設されたこと
④日本もさまざまな形で戦争に参戦していること
⑤いわるゆ「朝鮮特需」により、経済復興が急速にすすんだこと

他にも、朝鮮戦争の最中にサンフランシスコ講和条約が結ばれ、
安保体制も確立している。その関係性も考えたい。

いずれにせよ、朝鮮の人びとに、
「日本はなんという国か」と思われてもしょうがない。


ギックッときた、シカゴ大学のカミングス教授の言葉。

「ある日、私のクラスの生徒が手を上げて、どうして朝鮮は
1945年に分割されたのか、
なぜ日本はドイツのように分
割されなかったのか
、と質問した。私はたいていの場合、
生徒の質問にはすぐに答えられるのだが、そのときは言葉
を失ってしまった。なぜなら、アメリカ人として、第二次世界
大戦で日本と戦った国の人間として考えると、その方が“正
当な”解決策であったのだ。日本人はこんなことは聞きたく
はないと思うが、
朝鮮よりも日本を分割する方が正当な処
置であったはずだ

|

« 手抜き会報完成 | トップページ | 元気に8月も終了 »

読書記録」カテゴリの記事

コメント

なぜ日本が分断されなかったか?
ロシアは分断を、すなわち領土をいくらかよこせと求めたが、米国にしてみれば戦後の反共政策を考えると、日本を社会主義体制の国からの防御壁として使うためには、分断は好ましくなかったから。

上であげていらっしゃる教授は専門知識のかけらもないし、まず戦後処理の『正当な解決策』なるものが、なにをもって決まるのかについて、いったいどういう了見を持っているのか甚だ疑問です。

戦争でとった領土を、いかに自国にとって有利に使うか、これ以外の判断材料がありますか?

投稿: 美人殺人部隊 | 2007年9月 3日 (月) 11時02分

美人殺人部隊さんへ

なぜ日本は分断されなかったのかというアメリカの
政治的判断についてはもちろん知っていますし、
私は「日本が分断されるべきだった」という考えではありません。

私が言いたかったのは、朝鮮分断という悲劇にたいしての日本人の理解と意識の問題です。
教授の言葉を紹介したのは、生徒の質問の視角について、
思わず「ふーむ」と思ったからです。そこのところ、ご理解ください。

ところで、おせっかいではありますが、「美人殺人部隊」という
ペンネームはどうかと思います。
どこの誰だか知りませんが。

投稿: 長久 | 2007年9月 3日 (月) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手抜き会報完成 | トップページ | 元気に8月も終了 »