« 民主党に託せるのか? | トップページ | 460名の学習月間でした »

2007年7月12日 (木)

細谷亮太「人生の歩き方」

最近イチ押しのTV番組。

NHK教育「知るを楽しむ」の水曜日版「人生の歩き方」
今月7月は、もっとも尊敬できる医師の1人、
細谷亮太さんが登場。

聖路加国際病院の小児科部長。
番組のテーマは
「子どもの命みつめて」(4回シリーズ)

番組HPはこちら→
 http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200707/wednesday.html

先週の水曜日、缶ビール1本飲んで、ぐでっと横になっていた
私の横で、相方がテレビのチャンネルをポチポチ変えていた。
そして、「この人って、あなたが言ってた細谷先生じゃないのっ」
と言うもんだから、思わずガバっと起き上がり、テレビにくぎずけ。

や、やっぱりこの先生は、すばらしい。
2回目のきのうも、「病と闘う子どもたち」ということで、泣けた。
「子どもたちが、人間のすばらしさを教えてくれた」という細谷先生の
言葉一つひとつが、私の胸をうったのであります。

7月18日(水)22:25~22:50 第3回「親の悲しみと向き合う」
7月25日(水)22:25~22:50 第4回「サヨナラの向こうに」

ぜひご覧ください(詳しくはHPを)

ちなみに、私は1回目、2回目ともしっかり録画(再放送もあり)。
来年のソワニエ看護学校の授業で使えるかなー、と思ったり。
テキストも購入しました。

|

« 民主党に託せるのか? | トップページ | 460名の学習月間でした »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党に託せるのか? | トップページ | 460名の学習月間でした »