« 発展のすじ道 | トップページ | 運営委員拡大作戦 »

2007年7月 8日 (日)

「ドキドキできた場所」

きのう、73期岡山労働学校「哲学教室」
修了式があり、17名が参加しました。

Dscn2277










17時半すぎて、修了式の開始。
1人3分間の「修了発表」です。
今期を受講しての思いがそれぞれの言葉で語られました。


Dscn2282










どの人の「修了発表」もすばらしく、
労働学校の魅力が語られたと思います。

私もとったメモから、かいつまんで、紹介します。

Yさん
「72期から参加しているが、若い人だけでなく、年配の方も
参加しているので、安心。どれもおもしろい講義だった。
現象だけでなく、本質をみること、人を信頼することが大事。
人から学ぶ、人とのつながりを大切にしたい。来期も来ます」

Nさん
「今期は3回だけの参加だったけど、その中で考えたこと。
アウシュビッツの話を聞いて、戦争について考えた。
今の日本、たいへん問題だらけ。でも、こんなものかと思っていた。
流されていた感じがする。
ちょっとテレビを消して、考える時間がみんなに必要だと思う。
中田進さんの特別講義は目からウロコが落ちた。
自分のためだけでなく、誰かのために行動できるようになりたい」

Tさん
「哲学は難しいイメージだったけど、学びやすかった。
より物事を深く、本質的に考えることができた」

Tさん
「初めて受講した。いろいろと勉強になったし、
紹介された本なども読んでみたい。
来期は職場から、2人、3人と引き連れてきたい。
職場で9条の会を立ち上げた。職員や親の人にも、
ぜひ来期の『日本の戦争教室』に来てもらいたい」

Kさん
「チラシをみて、カリキュラムにひかれ、初めて受講した。
生きにくい社会の中で、自分がどう生きるのか考えたかった。
“唯物論者の態度”ということが印象に残った。
自分を見つめなおすいい機会になったし、
学ぶこと、出会うことを、これからも大事にしたい」

Kさん
「今期はほとんど来れなかった。
労働者は忙しく、ゆとりがなくなってきている。
そういう中で、労働者が学んでいくことが大事だし、
労働学校の存在は貴重だと思う」

Iさん
「若い人が多く、楽しかった。
新しいことがたくさん知れてよかった」

Oさん
「哲学というイメージに偏見があった。ああいえば、こういう、みたいな。
もともと勉強は好きだったし、楽しく学べた。
印象に残ったのは、やはり特別講義の中田進さん。楽しかった。
最後の講義も印象に残った。誰かのために何かをすること」

Mさん
「70期から来ている。須増さんの講義は哲学らしかったが、
今期の学習は未消化ぎみ」

Nさん
「哲学はやっぱり難しいと思ったが、
来期もちゃんときて、勉強したい」

Yさん
「最近、10年分の不幸がのしかかったような状態だったが、
労働学校は自分にとってセラピー効果があった。
みんなで貯金をして、アウシュビッツに修学流行に行こう!」

Hさん
「本当は自分はこういう場は苦手。しゃべるのも。
これまで、自分の生活は、家と会社の往復だった。
労働学校は、ドキドキできた場所。
来期もドキドキしたくなったら来ます」

運営委員Tさん
「今期は初受講の人が多くて、楽しかったし、
2か月間でみんなの表情とか変わっていったのがすごいと思った。
私自身ももっと勉強しないといけない。
アウシュビッツにも行ってみたい」

運営委員Tさん
「今期は早く感じた。今回の哲学教室は、入りやすかった。
受講生も、個性豊かな人が多く、みんなに助けられた。
なんで私はこんなに長く労働学校をやっているのか。
世の中のこと、働く意味が学べるし、いろんな人から吸収できる。
この学校に来るまでは、いまが楽しければいいじゃん、だった。
労働学校に育ててもらった。私の居場所でもある。
私のいいところも、悪いところも、ちゃんと言ってくれる。
もっと広げたいので、来期もよろしく」


今期の一番印象に残った受講生は、
46歳のHさん(男性)です。

家具職人のHさんは、新婦人の活動家のお姉さん(だったと思う)に
「行ってみたら」と言われ、恐る恐る受講された人です。
こういう場所はまったく初めての方。

最初は本当にこわばった顔で、不安な感じがにじみ出て
いたのですが、回を重ねるごとに、みんなと打ち解けはじめ、
最後にはワンポイント講座(講義の前に15分間しゃべるコーナー)で
自分のことをしっかり語っていだだけました。
2か月間での変化がはっきり見れた人です。

きのうの修了発表でも、
「労働学校はドキドキできた」という名言が飛び出しました。

そのHさんの「修了アンケート」を紹介します。
 【印象に残った講義やお話は?】
  どの講義もすばらしかった。自分に色々な変化を
  あたえてくれてありがとう。

 【ずばり、労働学校の魅力はここ!】
  色々な人が、主義・主張・感じ方をぶつかりあう事。
  自分の意見を大事にし、人の意見を大事にする。

 【労働学校に来て変わったこと】
  あまり無関心な自分が、言葉をさがして、
  なにか言わなくちゃと思って意見を書く。

 【労働学校と言えば!○○さん】
  みんなドキドキさせてくれて、とても楽しかった。

 【これからの労働学校に期待すること】
  みんな1人1人違って、もっともっと変わった人と
  話をしてみたい。もっともっと広げてください。


Hさん、ありがとうございました。
来期もよろしくお願いします。


修了発表が終わると、
修了証書の授与に。


Dscn2285

 今期は24名中、
 14名が修了しました。

 あつかれさまでした。



会場をそのままに、今度は修了コンパに突入!


Dscn2286

 わきあいあいと、
 軽食を食べながら、

 短冊に願い事を書いたり、
 労働学校クイズで盛り上がったり。




Dscn2294


 みんなで記念撮影!







21時に、修了コンパも終わりました。
みんなの笑顔が輝いた、修了式でした。

なんと来期の受講申込みがすでに8人の方から!
今期成功の証。来期への期待でもあります。
来期「日本の戦争教室」は、爆発的に受講生を広げるつもりです。
ご期待ください。そして、ご協力ください。


つづいて、
コンパ2次会は近くの居酒屋に行き、15名が参加。


Dscn2296


 約2名が、飲んだ飲んだ。


 




Dscn2297_1 Dscn2298


 自分でソフトクリーム
 つくれるんだって!

 なかなかうまく
 できませんでしたが。







73期、これにて終了。

おつかれさまでした。
そして、ありがとうございました。



|

« 発展のすじ道 | トップページ | 運営委員拡大作戦 »

労働学校」カテゴリの記事

コメント

73期労働学校終了おつかれさまでした。
広島では,今週,来週とあと2回。
今週木曜は,小生が「世も末は新しき世の始まり」,社会発展史の講義をうけもっています。
そちらでの中田さんの特別講座を参考に,レジュメ,講義内容の詰めに四苦八苦しています。
来期にむけて,どのようにつなげて行くのか,次回講座内容もまだまだ検討段階。
一度,長久さんに来てもらい,こちらの運営委員に大衆的学習活動の基礎の話をしてもらいたいですね。
ところで,6月31日から沖縄を行ってきました。
厳しい戦地跡をさんざん歩き,ガマ,陣地壕へ潜りまくり。とても伝えきれない悲惨な現場を体験してきました。そういう話もしたいですね。

投稿: あきやん | 2007年7月11日 (水) 00時14分

あきやんさん、ありがとうございます。
中田さんの特別講義も、遠いところから、
わざわざありがとうございました!

あきやんさんの講義も、ぜひ1度聞いてみたいです。
私でお役に立てることがありましたら、
いつでも広島にうかがいます。
沖縄のこと、関心があります。
岡山の会報にも報告を、ぜひ投稿してくださいませ。

投稿: 長久 | 2007年7月11日 (水) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発展のすじ道 | トップページ | 運営委員拡大作戦 »