« アウシュビッツに行って | トップページ | 休んだぁぁぁ »

2007年6月29日 (金)

ものごとは動いとる!

今週は激務でもうクタクタ!
きのうは晩23時過ぎに帰宅し、
朝は6時に起きて7時に家を出て事務所へ。

でもってかなりの湿度と暑さで、
午前中の仕事でもうすでに体がヘロヘロ…。
その体を引きずって、午後、
ソワニエ看護専門学校へ。

今日は
第9講義「ものごとを変化のなかでとらえる」でした。
講義の準備もギリギリになってしまい、
いつもなら前の日の午前中ぐらいにメールでレジュメを
送るのですが、今日は講義開始1時間前に完成…!
急いで印刷し、自分でもっていったのでありました。

学生さんもきのうテストがあったようで、ヘロヘロのようでした(笑)。
お互いヘロヘロということで、なかなか面白い授業だったように思います。


以下、今日の講義の概要。

一。長久の「看護・医療」読書日記
 ◇今週読んだ本

二。ものごとは、どのような“あり方”をしているのか
 
1。「どうせ」という時、私たちはどういうものの見方になっているか
  
◇たとえば・・・
   
*「どうせあの人は変わらない」「どうせ自分はこんなもの」
   
*「どうせやってもムダ」「そんなことしても変わらない」
   
*「どうせ世の中、そんな簡単に変わるもんじゃない」

  
◇変わらない。

 
2。ものごとを、運動・変化のなかでとらえる-弁証法
  
◇静止・固定は相対的、運動は絶対的
   
*運動とは、物質の存在形態
   
*あるものが運動しているということは、そのものがそのもの
    でありながら、同時にそのものでなくなっていくということ
   
*ひとりの人間も、その人でありながら、同時にその人でなく
    なっていく。つまり、つねに運動・変化している。

 
3。患者さんは、運動・変化している

  ◇『生きるってすばらしいね-植物状態からの脱出』から
            
(望月春江著、日本看護協会出版会、1981年)
   
*脳死宣告を受けた女性とその家族
   
*「病院の中の医師たちの機械的ともいえる言葉」(著者)
   
*「当分変化は起きません」「偶然でしょう」

  
◇ひとつの生命をどうみるか、という“哲学”が求められる
   
「生命の積極的肯定・・・無条件にその生命の可能性を信じるということ」
                       
(川島みどり著『キラリ看護』、医学書院)
   
「患者のどんなに小さな変化や反応も見落とさない、気づきのアンテナ
   の感度を、看護師なら意識的に高めなければならないのです」(同上)

   
*関節リウマチで物言わぬ老婦人

   
「患者の表情や様子を何ひとつ観察しようとしない看護婦や、また何か
   変化がありはしないかと思いもしないような看護婦は、まるでこわれや
   すい陶磁器の管理をしているようなもので、何も得られない道を歩みつ
   づけ、けっして看護婦にはなれないであろう」
   (ナイチンゲール『看護覚え書』15章「補章」<看護婦とは何か>より)

 
4。「経験」は絶対か
  
◇「今までこうだったから…、こうだろう」
   
*自分や他人の過去の経験を、時、所、条件からきりはなして
    固定化し、その尺度ですべてをはかろうとする
   
*患者さんへの見方
   
*他人への見方
   
*職場への見方
   
*自分自身への見方

三。矛盾が原動力
 
1。動いている(生きている)ということは、矛盾がある、ということ
  
◇ものごとの中には、つねにその内部に相反する要素や傾向がある
   
*これを難しい言葉で、“弁証法的な矛盾”あるいは、
    “対立物の統一と闘争”、といいます。
   
*自分の中にある「相対立する自分」
   
*「病気や老い」とたたかう「生命力」
   
*社会の矛盾

 
2。発展する
  
◇ものごとの矛盾のぶつかりあいの結果、新しい質、より上昇的・
   前進的な変化が生み出された場合、それを「発展」という。


以上。


講義が終わって、すぐさま玉野へ『友』を配布。
岡山に帰ってきて、ちょろちょろと『友』配布。

あー、疲れた、疲れた、やだやだ。
生ビール飲みたい!!

が、これから岡山空襲62年の「ピースキャンドル」という
企画があるため、行かなければぁ。雨降らないように。

この週末は、休息にあてよう、うん、あてよう。

|

« アウシュビッツに行って | トップページ | 休んだぁぁぁ »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アウシュビッツに行って | トップページ | 休んだぁぁぁ »