« シャガールの絵を堪能 | トップページ | 憲法がある、ということ »

2007年6月28日 (木)

『学習の友』7月号

7月号の『学習の友』の主な内容。

特集「ゆがむジャーナリズム」
 ・真実を伝えるメディアをつくるために(松田浩)
 ・テレビジャーナリズムはなぜゆがむのか(須藤春夫)
 ・新聞の政治報道はこれでいいのか(金光奎)
 ・弱者の立場から問題をとらえる想像力(井戸秀明)

*表現の自由とは何か(右崎正博)
*ルポ 君を、戦場には送らない

*連載講座あなたとすすめる労働組合活動
 ・第10回「組織拡大こそ最大の要求闘争

他にも、
4ページに二見さん(労教協事務局次長)のミニコラム、
51ページに広島の平野さんも出ていて、なんか学習運動も
変わってきたなーという印象を持ちます。

『学習の友』も、よく観察している人はお気づきだと思いますが、
レイアウトなども、このところ、かなり良くなってきていて、
かなり読みやすくなってきています。
編集部のみなさんの努力のたまものです。

読者、広げないとなー。

|

« シャガールの絵を堪能 | トップページ | 憲法がある、ということ »

『学習の友』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シャガールの絵を堪能 | トップページ | 憲法がある、ということ »