« 労働学校チラシまき | トップページ | 生きることの質 »

2007年4月24日 (火)

お昼は倉敷に

今日のお昼は敷医療生協労組
メーデー学習会に。会場は健寿協同病院会議室。
参加は20名ほど。

「メーデーとは」「最近の情勢」を30分でしゃべりました。


以下、講義の概要。

一。メーデーとは
 1。世界のメーデーはこうして始まった
  ◇「8時間は働き、8時間は休み、8時間は自由」

 2。120年の歴史をもつメーデー
  ◇世界同時多発デモ&集会
   *5月1日、地球が1回転するあいだに、世界中の労働者が声をあげる
  ◇120年間、労働者はたたかうことをやめなかった
   *なぜ労働者たちは「あきらめなかった」のか
  ◇何を先輩たちは勝ちとってきたのか
   *人間らしく生きる権利(基本的人権)
   *日本国憲法に明記

二。第78回メーデーにあたって-憲法どおりの日本をつくろう
 1。ストップ!戦争をする国づくり
  ◇国民投票法案とその問題点

 2。なくせ!格差と貧困
  ◇何が問題か
   *富裕層は増えている
   *大企業は巨額な利益
   *その一方での貧困
    ・生活保護、貯蓄ゼロ世帯の増加
    ・いのちの格差
    ・増える不安定雇用
    ・ワーキングプア
    ・教育格差
  ◇いまの格差と貧困は政治が生み出したもの
   *財界の政治支配のしくみ

 3。労働法制改悪反対、働くルールの確立を
  ◇働くルールも財界の要求どおりに

 4。安心して暮らせる社会を実現しよう
  ◇日本はセーフティーネットがない社会となっている
   *事故や病気、失業、離婚、災害・・・
   *「努力すれば抜け出せますか」
   *なんのために私たちは税金を払っているのか
   *憲法25条、26条、27条

 5。どうしたら世の中よくなるのか
  ◇「そうはいうけど、世の中簡単に変わらない」か?
   *石原慎太郎は280万票取る、選挙は半分の人しかいかない・・・
   *自然の春はじーっと待っていれば来るが、社会の春は
    寒さをじーっとガマンして待っていてもやってこない。なぜか?
   *春(憲法どおりの社会)がきてもらってはこまる人がいるから
  ◇私たちは、一人ひとりが賢くなるほかない
   *「社会と政治を語る力」
   *「おかしいよね」と言い合える関係づくり
  ◇ふたたび、メーデーの意義
   *あきらめない労働者のたたかい


|

« 労働学校チラシまき | トップページ | 生きることの質 »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/6199696

この記事へのトラックバック一覧です: お昼は倉敷に:

« 労働学校チラシまき | トップページ | 生きることの質 »