« 明日は投票へ行こう | トップページ | 哲学教室あと1か月 »

2007年4月 9日 (月)

おどろきの人体

最近、自然科学や生命科学に学びの興味が移っています。
あと哲学。すこぶるおもしろいです。

最近も、
Newton別冊
『人体の構造と機能をひもとく-新・解体新書』(2005年)
を読み終えました。

あらためて私たち人間の体のおどろくべき構造・機能について知りました。
270種類の細胞が、合計
60兆個。
その細胞たちがそれぞれ独特の役割を果たしながら、
人体を形づくっている・・・。
脳、それぞれの臓器、口、目、耳、鼻、骨、筋肉・・・驚嘆の精巧さです。

あわせて、生命進化の歴史、地球の歴史を学ぶことも大事。
ヒトとして生まれた私たちの存在がいかに、かけがえのないことなのか。

また、最近の惑星探査の成果のおかげで、
太陽系スケールで私たちの存在を考えることもできます。
最近知った「惑星の旅」↓もオススメです。
       http://jvsc.jst.go.jp/universe/planet/

「あー、地球ってすごいなー」と思います。

そんな地球で、単細胞生命から
私たちのような精巧なものに生命は進化してきた・・・。

21世紀に生きることができて、私はかなりラッキーでした。
地球や人間、自分をこれだけ客観視できる時代なんですから。

学びはつきません。

|

« 明日は投票へ行こう | トップページ | 哲学教室あと1か月 »

読書記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/6027532

この記事へのトラックバック一覧です: おどろきの人体:

» UMAって知ってます? [UMA日記]
UMA(ユーマと読みます。)は、Unidentified Mysterious Animalの略で意味は謎の「未確認動物」のことです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 9日 (月) 15時53分

« 明日は投票へ行こう | トップページ | 哲学教室あと1か月 »