« 早くこいこい29日(休日) | トップページ | 試練の日々が始まった »

2007年4月20日 (金)

無知は危険な力

やっぱり選挙の話題ですが、公明党のことです。

岡山の公明党はどういうわけか強く、だいたい国政選挙でいうと、
得票率は全国の公明党の得票率のなかで、5番目前後です。
岡山市議会でも10名の議員団を要する、大勢力です。

自民党と悪政を推進してきたこの党がなぜこんなにも選挙に強いのか。
これは研究する必要がありそうです。

この選挙では、共産党への攻撃はすさまじく、
「なんでも反対の共産党は実績ゼロ」と大音量でやっている
姿を実際私も見ました。
私の友人候補者も、おそらく公明党支持者からだと思うのですが、
「うそつきじゅん!」(候補者の名前が「じゅん」だから)
と罵声をあびたそうです。

この盲目的な攻撃性は、日本の民主主義にとって、
危険なものといわざるえをえません。

「悪政になんでも賛成の公明党」の実態が、宗教団体の
会員に正確に伝わっているはずもなく、
自分たちの首をしめる行為をやっています。

そして選挙でも運動員の異様な行儀の良さも、かなり引きます。
おじぎの仕方とか(個人的感想ですが)。

宗教は、個人の苦しみをやわらげる積極的な側面をもつものです。
あの団体はもはや宗教団体でもなんでもありません。

もちろん、信者の多くはまじめな人が多いと思いますが、
無知は危険な力に転化する、ということでしょうか。

そんなことを考えさせられています。

|

« 早くこいこい29日(休日) | トップページ | 試練の日々が始まった »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/6153635

この記事へのトラックバック一覧です: 無知は危険な力:

« 早くこいこい29日(休日) | トップページ | 試練の日々が始まった »