« NPO朝日訴訟の会 | トップページ | 沖縄の旅④-米軍基地 »

2007年2月15日 (木)

手づくりピザ・地球温暖化

きのう晩、福祉保育労岡山支部の執行委員会に講師で行ってきました。
会場は岡山市内のA保育園。参加は8名でした。

19時にちょっと遅れて会場へ到着すると、なにやらいいにおい・・・
おお! 見てくださいヨ、このピザを!


Dscn1615  執行委員で栄養士の
 M屋さんの手づくりピザです。

 しかも3つとも種類が違う!
 「キムチピザ」初めて食べました。

 どれも美味しかったぁ。
 組合の会議でこういう雰囲気、
 いいですね~。団結深まります。


ピザを堪能したあと、学習会に。
今日は、この冬の暖冬の話題にからめて、
「地球温暖化問題を考える」というテーマで約40分話をしました。

以下、講義の概要。

【地球温暖化のおよぼす影響】
 1。地球とはどんな惑星か
  ◇『地球がもし100㎝の球だったら』
   *山や海溝など地表のでこぼこは1ミリにも満たない厚さ
   *私たちが呼吸する空気の厚み(大気圏)が約1ミリ
   *オゾン層(紫外線から生命を守る)の高さが2ミリ~4ミリ

  ◇こうした限られた環境のなかに、人間など多くの生物が生きている
   *こうした「生命維持装置」が形成されるまで、30数億年かかっている

 2。地球温暖化とは何か
  ◇「温室効果ガス」の増加
   *化石燃料(石炭や石油など)を燃やすと二酸化炭素などの
     温室効果ガスが大気中に放出される。
   *化石燃料の消費が産業革命以後に増加の一途
   *大気中の二酸化炭素濃度が上昇→温暖化

  ◇平均気温の上昇
   *温度計による気温観測の始まった140年間で最も熱かったのは1998年、
     2番目が2005年、3番目が2002年、4番目が2003年、5番目が2004年。

 3。このまま地球温暖化がすすむとどうなるか
  ◇世界で起きている温暖化現象とその影響
   *アルプスやヒマラヤなど世界各地の氷河や北極海の海氷が縮小
    している。ホッキョクグマが絶命危惧種に入ってしまった。
   *最大瞬間風速58メートル以上の強大な台風の発生率の増加
   *サンゴ礁の白化
   *南太平洋のツバルという国(人口1万人ちょっと)では、国自体が
    海面上昇によってなくなる可能性。すでに毎年1%の国民をニュー
    ジーランドに移住させはじめている。
   *日本では、最近50年間で、椿の開花日が9日、梅が5日、桜と
    ふじが4日早まった。

  ◇スーパーコンピューター「地球シュミレーター」による予測
(海洋研究開発機構)
   *年率3%の経済成長と技術革新を前提としたシナリオで、2100年の
    平均気温は4℃上昇。
   *東京では4.2℃の上昇。5月~10月が「夏」、梅雨は長期化、冬らしい
    冬はない。日本のリンゴの主な産地が北海道になる。コメの収量は1割減。
   *熱波や強大なハリケーンの増。降水量の両極化と豪雨の頻度の増。
    アマゾンの乾燥化。デング熱など熱帯感染症が九州まで北上。

  ◇気温上昇は2℃が限度
   *1850年比較で、現在すでに0.7℃上昇している。残り1.3℃。
   *二酸化炭素排出の大幅削減で気温上昇を2℃以下におさえることが
    目標となる。EUはこの目標ですでにさまざまな政策を開始している。

【だれが地球温暖化の主犯格か】
 1。二酸化炭素の排出源をみる
  ◇国別-アメリカ24%、EU13%、旧ソ連・東欧13%
        日本5%、その他先進国5%
   *先進国だけで半分以上。アメリカだけで4分の1。

  ◇排出源-企業活動が8割、家庭は2割(日本の場合)
   *日本では、わずか180の事業所で排出量の半分を占める
   *大企業の社会的責任が問われてくる

 2。京都議定書とは
  ◇先進国の温室効果ガス削減目標を定めたもの(1997年締結、2005年発効)
   *EUは8%、日本は6%の削減(1990年比)
   *アメリカは京都議定書を離脱。最新のデータによると、アメリカの
    温室効果ガスの排出量は、1990年から2004年までの間に15.8%
    も増えている。
   *日本の動きも鈍い。産業界の自主的取り組みにまかせているだけ。

【どうすれば温暖化をふせげるのか】
 1。企業活動に対する規制
  ◇サイクルのすべてで、規制を強化する
  ◇環境税(炭素税)の導入(ヨーロッパではすでに広がっている)
   *温室効果ガス排出にたいする課税
   *排出を削減した企業にはそれだけ減税になる
  ◇自然エネルギーへのシフト

 2。軍事による環境破壊をなくす
  ◇戦車は200メートル走るごとに1リットルの燃費
  ◇戦闘機は1分飛ぶごとに908リットルの燃費
  ◇劣化ウラン弾などの環境破壊

 3。より根本的には資本主義という経済活動のシステムそのものの変更
  ◇未来の環境より、目先の利潤が優先させる社会体制

 4。次の世代に美しい地球を残すために
  ◇フロンガス規制では成果がでてきている
   *順調にいけば、2065年頃にオゾンホールは消滅すると予測されている
  ◇人類の英知を信頼し、一人ひとりが問題の根源を知ることから


以上。



講義の準備で主に参考にしたものは
『前衛』06年12月号
「地球温暖化防止は緊急課題」という小特集でした。
いちおう、この特集の5つの論文を書いておきます。

 「問われている人類社会の持続可能性」(鈴木剛)
 「温暖化防止とアジアの環境問題」(寺西俊一)
 「歩み始めた京都議定書」(早川光俊)
 「削減義務に背を向けるアメリカ政府」(平田仁子)
 「日本政府・財界の温暖化対策の検証」(佐々木勝吉)


あらためて温暖化問題を学んでみて、たいへん勉強になりました。

それにしても、この問題でもアメリカの横暴勝手は目に余ります。
州レベルでの取り組みはすすんでいたり、最近のゴア元副大統領の
映画などで、関心は高まっているようですが。


そして日本の取り組みも落第点です。
安倍さん、「美しい国」というのなら、「美しい地球」を残すために、
ちゃんと政治の責任で温暖化対策をすすめてください。
企業まかせ、個人の努力だけでは、この問題は解決しません。

|

« NPO朝日訴訟の会 | トップページ | 沖縄の旅④-米軍基地 »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/5351573

この記事へのトラックバック一覧です: 手づくりピザ・地球温暖化:

» 地球冷却運動(Earth Cool Movement) [Vosh の徒然草]
 地球温暖化が、世界中で多くの不幸をもたらしています。異常気象により被災者になってしまう人や沈み行く島に住む人々。絶滅してしまう動植物も・・・。  この不幸を回避するために、私たちは何が出来るのでしょ... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 16時45分

» ゴミ問題 [ゴミ問題]
ゴミ問題とは私たちの生活の中で必ず発生し、増え続けているゴミや廃棄物に かかわる問題のことです。 [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 20時43分

» ゴミ 量 [ゴミ 量]
年々、私達の生活から出るゴミの排出量は増加しており、環境破壊を起こすな ど、大きな社会問題となっています [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 21時00分

» エプソンダイレクト BTO [アマゾン大好き]
本、ミュージック、DVDなど豊富な商品を取り揃えたネットショッピングサイトです [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 01時34分

» ゴア氏、授賞式の主役に=環境危機を世界に訴え−米アカデミー賞 [とんみんくん]
大統領になり損ねた男。アル・ゴアが、大統領になっていたら、今のアメリカの姿もだいぶ変わっていたかもしれません。 もしかして、9.11事件もなかったかもしれません。 いずれにしろ、おめでとうとう。 [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 23時44分

« NPO朝日訴訟の会 | トップページ | 沖縄の旅④-米軍基地 »