« 沖縄の旅⑦-ベストショット5 | トップページ | 組織力を高める »

2007年2月27日 (火)

教科書になかった団結形態

こんな労働組合の「つくり方」もあるのか! と驚いた。
これまでの「労働組合のつくり方」の教科書にはない形態です。


ブログで団結、労組結成 紳士服大手「コナカ」 
              (朝日新聞、本日8:52分報道による)

 インターネットのブログでのやり取りをきっかけに、紳士服大手
「コナカ」(本社・横浜市)に今月、初の労働組合が誕生した。

国の店舗に散らばる社員らが、労働条件の不満を書き込むうち
にブログで「団結」
。会社に改善を求めようと話が進んだ。サービ
ス残業や休日出勤の是正などを求めていく。

 組合は「全国一般東京東部労組コナカ支部」。茨城県の店舗に
勤める25歳の副主任が委員長に就き、書記長は他店の同僚が
引き受けた。

 発端は1年ほど前。NPO法人「労働相談センター」(東京都葛飾
区)に、コナカでの長時間労働などを訴える匿名の手紙が相次い
だ。同センターはブログで、具体的な事例を寄せるよう従業員と家
族に呼びかけた。

 ぽつぽつと書き込みが始まった。「休みを少なくするのが、会社
のやる気のバロメーター」(ハンドルネーム・現役店長)。「体がも
ちません。退職しかないのでしょうか」(同・社員)
 

 
組合の委員長になった渡辺輝(ひかる)さんも、相談先を探して
ブログにたどり着いた
。朝8時半に出勤し、閑散期でも夜8時半、
繁忙期には9時、10時まで働く長時間労働や、残業代の制限、
有給休暇が取りづらいことなどに疑問を感じていた、という。

 
ブログを通じて全国に同じ気持ちの仲間がいることを知り、組合
を作って職場の改善を求めることにした。「文句や陰口で終わらせ
たくない。仕事が好きで将来は店長になりたい。長く続けられるい
い職場にしたい」

 
今月2日、労組結成をブログで報告すると、激励が並んだ。「未
来は私たちで切り開いていきましょう」「参加する決心がつかない。
でも応援してます」。会社にも労組結成を通告、来月初めに初の
団体交渉
が実現する見通しだ。
 コナカ人事部は、長時間労働の実態は把握しておらず、調査中
という。「団体交渉には真摯(しんし)に対応したい」としている。

|

« 沖縄の旅⑦-ベストショット5 | トップページ | 組織力を高める »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/5505998

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書になかった団結形態:

« 沖縄の旅⑦-ベストショット5 | トップページ | 組織力を高める »