« 早業習得 | トップページ | 言葉の力を »

2007年1月21日 (日)

『友』に短編小説!

『学習の友』2月号のご紹介。

【主な内容】

特集「行政サービス制限条例の時代」
 *生き暮らし続けられる街をつくろう(林克)
 *憲法が求める自治体のあり方とは(小林武)

特集「青年が労働組合にむかうとき」
 *11人の手記-私にとって労働組合とは
 *ほんとうの連帯と団結のために(山田敬男)
 *対談-青年が労働組合にむかうとき(寺間誠治・笠松鉄兵)

短編小説「チェレンコフの光」(浅尾大輔)

連載講座「あなたとすすめる労働組合活動」
 *第5回-みんなで討論、みんなで決定、みんなで実践



今月は『友』では異色(?)の、短編小説があります。
作家は浅尾大輔さん。作家は本業ではなく、
お仕事は労働組合・国公一般のオルグ書記をされています。
1970年生まれで、私より
4年先輩になります。

浅尾さんが書いている、
ブログ「
がぶり寄りhttp://kokkoippan.cocolog-nifty.com/
をぜひご覧ください。

いろいろ考えさせられる内容とともに、おもわず「ぷっ」と笑ってしまう
ブログの中身で、私の目標とするブログ像のひとつです。
こんなふうな文章を書けたらいいな~と。
私の相方も「がぶり寄り」の愛読者で、
よく、「今日のがぶり寄り見た?」と話題になります。

その浅尾さんの短編小説ですが、
題名だけ読むと、どこのロシア文学だろうか?
と思ってしまいますが、内容は現代日本が舞台です。
ぜひ読んでみてください。

|

« 早業習得 | トップページ | 言葉の力を »

『学習の友』」カテゴリの記事

コメント

朝魚さんのホームページhttp://app.blog.livedoor.jp/asaodai/tb.cgi/50802695

投稿: 落第生 | 2007年1月25日 (木) 12時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/5015616

この記事へのトラックバック一覧です: 『友』に短編小説!:

« 早業習得 | トップページ | 言葉の力を »