« 憲法をフィルターにして | トップページ | 早業習得 »

2007年1月18日 (木)

民間保育園の苦闘

あー、過労だ過労だ。疲れがとれない。
2月初めの小旅行を楽しみにがんばるしかないのであります。

で、
きのうも学習会の講師に行ってきました。
福祉保育労岡山支部執行委員会です。会場は倉敷市のW保育園。
参加は10名でした。


Dscn1313
 このスペースでいつも会議をするのですが、
 畳なのに床暖房になっていて、あったかい!
 心地よいです。



講義は
『日本国憲法の人間観』として、だいたいいつものような
話をしました。2007年を憲法を道しるべにしていきましょう、と。

学習会終了後、会議になるのですが、
W保育園の臨時職員の賃金が突如1万5千円ぐらい下がったこと、
それは保育園側の休暇制度の運用上の問題であり、
職員側には何も責任がなく、おかしい、という話がありました。
実態をよく調べて対応する、という話でした。

それをきっかけに、A保育園での臨時の先生の勤務形態などの
話も紹介され、少ない運営費のなかでのやりくりの苦労が垣間見れました。
きのうも、「子ども1人あたりの措置単価が下がった」という話も出ていて、
民間の保育園は本当に大変です。
職員のみなさんの「奮闘ぶり」
には、いつも頭が下がります。
子どもを大事にする国、それを財政的に保障する国に、早くせねばなりません。

その他、あれやこれやと会議の様子を聞いて、
終了したのは21時20分頃でした。
みなさん遅くまでおつかれさまでした。


|

« 憲法をフィルターにして | トップページ | 早業習得 »

講師活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/4976168

この記事へのトラックバック一覧です: 民間保育園の苦闘:

» 特集! 夜間保育の施設にはどんなものがあるか? [進学・学習・資格取得]
保育のための施設の中でも、夜間に子供を預かってくれるところを探すのは、なかなか困難である。 夜間の保育に対応した施設には、どんな種類があるのだろうか? [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 18時28分

« 憲法をフィルターにして | トップページ | 早業習得 »