« ちょい太でだいじょうぶ! | トップページ | 『友』を配って… »

2006年11月27日 (月)

中世の喫茶店を手伝う

きのうの日曜日、岡山労働学校のレク企画があり、
井原市美星町の
「中世夢が原」に行ってきました。

参加は7名+子ども2名と少なかったですが、
なかなかおもしろい体験もあり、満喫しました。

岡山から車で1時間20分、
「中世夢が原」の門をくぐると・・・そこは中世でした。

Dscn1121_1 Dscn1137_1






いなか汁づくりに精をだす。
Dscn1123_1





そして昼食!いなか汁&おにぎり。
「あーあったまる!」「サツマイモが甘い!」と大満足。
Dscn1128_1






さて、私たちが昼食をとっていた場所では、
地元のつきたて「いなきねもち」(つぶあん入りのおもち)が
売られていたのですが、お昼すぎて来場者も増え、
職員(ボランティア?)の方も忙しそう。明らかに手が足りない。

そして…
なぜか運営委員が売り子に変身!
「おもちどうですか~」「いらっしゃいませ!」「あ、天文台はあっちです」

Dscn1134_1






さらに…
となりにあった喫茶店もまったく人が足りない。
中世はやはり働き手が現代より少ないみたいです。

ここでも運営委員がいつのまにかお店の人に変身!
私も生まれて初めて喫茶店のお手伝いをしました。

Dscn1139_1








喫茶店のほうがひと段落すると、
職員の方から、みかん、おもち、コーヒーをいただき
「ほんとに助かったわ~」「ありがとー」と感謝されてしまいました。
バイト代はやっぱり現物支給。中世ですから。

午後からは藍染体験。
Dscn1149







完成!
Dscn1152







小雨が降るなかでしたが、
いなか汁を食し、よく働き、手仕事の世界にもふれ、
いい日曜日を過ごした参加者は
満足顔で中世をあとにしたのでありました。

おわり。

|

« ちょい太でだいじょうぶ! | トップページ | 『友』を配って… »

労働学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/4332139

この記事へのトラックバック一覧です: 中世の喫茶店を手伝う:

« ちょい太でだいじょうぶ! | トップページ | 『友』を配って… »