« 日本軍「慰安婦」問題 集中勉強… | トップページ | 72㌔→67㌔の成果はいかに? »

2006年10月31日 (火)

元兵士の証言の重み

1時間程度で、わりとすぐに読めました。

『証言・日本軍「慰安婦」-ダイヤル110番の記録』(日朝協会、2005年)

1992年の「ダイヤル110番」の聞き取りや各種の証言を中心に、
1995年に出版された『証言「従軍慰安婦」』の改訂補強版。

これは貴重な証言集です。
とくに、元日本軍兵士の証言が多いのに驚きました。
また、沖縄、台湾、満州、中国、東南アジア各地の証言が載っており、
「日本軍あるところ『慰安所』あり」の実態がよくわかります。

しかし、こうした証言ができる人も、どんどん少なくなってきています。
そして現在、中学校の歴史教科書には、この間の教科書攻撃の結果、
「慰安婦」問題がまったく記述されていない…。

いまに生きる私たちの責任は、ズシリ重いものがあります。

|

« 日本軍「慰安婦」問題 集中勉強… | トップページ | 72㌔→67㌔の成果はいかに? »

読書記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/4019669

この記事へのトラックバック一覧です: 元兵士の証言の重み:

« 日本軍「慰安婦」問題 集中勉強… | トップページ | 72㌔→67㌔の成果はいかに? »