« 72期岡山労働学校「日本の戦争教室」 | トップページ | 日本軍「慰安婦」問題 集中勉強… »

2006年10月30日 (月)

運営委員は忙しい

今日の夜は岡山労働学校の運営委員会がありました。

今期は3名の運営委員会です。
労働学校は、若い青年たちを主体にした学校運営をおこなっていて、
募集から毎週のニュースづくり、司会、受講生への働きかけ、
討論のリードにいたるまで、あやゆることを中心的に担っているのが
労働学校の運営委員会です。

開校してからは毎週木曜日+週1の運営委員会で、
平日は2回もつぶれるのです。
しかも3人ともいろいろな分野で活躍中ということで、
そのタイヘンな中、こうして毎週集まってくるのですから、
その努力は本当にスゴイものです。

毎回の会議はまず「学習」の時間からはじまります。
私が用意した新聞記事や論文を読んでいきます。
今日は、民主青年新聞9月18日付、「多読的読書のすすめ」を読み合わせ。

①読書力は多読で身につく、②多読で自分の考え方を磨く、
③多様な世界を知り、自分を豊かにする
という「多読のすすめ」に運営委員は
「うーむ」「できとらんなー」と頭をかかえつつ、論議をしていくのでありました。
続いて、各自の「今週の独習」を報告します。
なかなかできていないことも多いのですが、それぞれが今週読んだ本や論文を
会議で報告し、それぞれ刺激しあうことにしています。

会議は続いて前回の労働学校のふりかえりや、受講生の様子、
気になったことなどを話し合います。
そして次回の労働学校の運営やニュースの担当を確認し、
今日は約1時間半で終了しました。
いろいろ脱線話も多いけど、あれやこれや話をしていると、
なかなかどうして、楽しいもんです(難儀なことも多いが)。

そして運営委員長のT口さんは、帰りがけにちょっと最近不安定ぎみの
運営委員に声をかけ、「ちょっとご飯でも食べに行こう」と誘い、一緒に帰っていきました。
自分自身もスーパーハードな毎日を送っていても、
まわりの人のサポートができるT口さん、リッパです。
これからも頼りにしてますよ。

|

« 72期岡山労働学校「日本の戦争教室」 | トップページ | 日本軍「慰安婦」問題 集中勉強… »

労働学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/4009720

この記事へのトラックバック一覧です: 運営委員は忙しい:

« 72期岡山労働学校「日本の戦争教室」 | トップページ | 日本軍「慰安婦」問題 集中勉強… »