« 運営委員は忙しい | トップページ | 元兵士の証言の重み »

2006年10月31日 (火)

日本軍「慰安婦」問題 集中勉強…

来月の労働学校の第5講義で「慰安婦」問題を講義する予定です(11/16)。
これまで「慰安婦」問題の本は5冊ぐらい(?)読んでいるのですが、
もう少し学びを積み上げる必要あり、ということで、集中的に勉強することに。

今朝
『イアンフとよばれた戦場の少女』(川田文子、高文研、2005年)を読み終えました。

元「慰安婦」の方々への丁寧な聞き取りを中心にまとめた本です。
こうした証言を読むたびに、あまりに重い事実とその後の人生の歩みを受けとめ、
どのように償っていけばいいのか、本当に呆然とします。

先日、内閣官房副長官が「河野談話は再検討する必要あり」と発言してたっけ。
はたしてこの人は、被害者を目の前にして、同じことが言えるのでしょうか。
「売春目的でやっていた」「強制連行はなかった」と言ってはばからない学者もいます。
そして、被害者に冷たい日本の司法。現実の壁は厚い。でも絶対に許せない。

講義では、おもに吉見義明さんの『従軍慰安婦』(岩波新書、1995年)を
中心に組み立て、戦前の公娼性とのつながり、「慰安所」以外の幅広い日本軍の性犯罪(アジア各地での女性に対する強姦・輪姦)も視野に入れて、話してみたいと思います。
もちろん、被害者の証言をできるかぎり紹介しながら。

|

« 運営委員は忙しい | トップページ | 元兵士の証言の重み »

読書記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175096/4016506

この記事へのトラックバック一覧です: 日本軍「慰安婦」問題 集中勉強…:

« 運営委員は忙しい | トップページ | 元兵士の証言の重み »